アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2016年09月14日

和歌山市支援センターで、レク講師

2016・9・13
和歌山市支援センター職員研修
10名・2時間のメニュー

・自己紹介
①名前作文

・集団作り
①親指小指 同時発声
②赤い靴  同一行動

・幼稚園
①グーチョキパー
②あのつくもの

・小学校
①いないいないばー
②大急ぎ

・中学校
①カード並び
②ボールはこび

人間イス
・しめ
①川柳

・錯覚
・ゲシュタルト
・こんとん・・・①偏見②学級経営

■次回案
5・8421
10・私はだれ
10・進化
10①ちがいみつけ
15②3人ほめ
30③休日の過ごし方
5・友愛の輪
10・マズロー  

Posted by プラス at 23:43Comments(0)

2016年04月03日

「教師による、教師のための、笑顔満開ゲーム」

30回のゲーム連載を一冊にしました。
私が、大学時代から、40年で教えてもらい、学校で使ったゲーム。

私は、他の「レク ネタ本」とは、少し違いを出しています。
だからこそ、このタイトルです。

和歌山大学 生協に置いています。
市駅前の宮井平安堂においています。

500円です。

※買いたいというメールが届いています。有り難いことです。

以下の方法があります。

1.オーナーメールで、
私にメールをください。
送り先、お名前をいただければ、送らせていただきます。
500円+送料

2.和歌山大学生協に電話する。
振込先を教えてくれ、送ってくれます。
きちんと対応してくれるようです。
⇒東北の方からの問い合わせ注文があり、その方に届いたようです。

3.8月7日 滋賀県大津市 日本生活教育連盟 夏の研究集会に参加する


(この本を持って、夏の依頼された研修会にゲーム指導に行きます。)

「教師による⇒
学級作りになぜ役立つのかを教師の視点で書いている。
教師のための⇒
レク指導は、教師と子どもで、集団指導のあり方を体で学ぶ機会になっている。
笑顔満開⇒
自己開示しながら、学級集団作りができる。」



私は、これ一冊で、・・・40年の「学校レク」

内容を紹介します
■1回目  自己開示のクイズ
1.「4つの体験」2.さいころ自己紹介

■2回目 学級づくりに有効な「同一行動」「同時発生」
3.「いないいないばー」4.「好きジャンケン」

■3回目 グループが一体感を持ち仲間意識が芽生える
5.「いくつだいくつ」6.「大急ぎ、大急ぎ」

■4回目 相手に自分を任せきる心地よさ
7.「地蔵さん」8.「ゴーストップ」9.「人間イス」

■5回目心を開き、笑顔で子どもの前に立つために
10.「良い噂話」11.「王様になって」12.「名句づくり」

■6回目 ほんわかやさしい定番のゲーム
13.「質問ジャンケン」14.「ベストフレンドはだれ」

■7回目 出会いはレクリエーションゲームで
15.「自分たちで、順に座れるかな」16.「自分名前紹介作文」17.「素敵な自分の色を作っていこう」18.「一分間当て」

■8回目 レクリエーションは「指示で動く」楽しい練習
19.「ジャンケンチャンピオン」20.「台風の目」

■9回目 開かれた関係を作る4つのビンゴゲーム
21.「自己紹介ビンゴ」22.「友達捜しビンゴ」23.「先生ビンゴ」

■10回目 やわらかな協力を育てるゲーム
24.「三分小説リレー」

■11回目 息を合わせることで、相手を思いやる気持ちを育てる
25.心の拍手」 26.「アウトかセーフか」

■12回目 体を動かし 石頭・石体・石心をとかす
27.「しあわせなら手をたたこう」 28.「ステレオゲーム」29.「私はだれでしょう」

■13回目 発見的理解の機会に
30.「どっち好き」31.「アンケートの時間です」32.「同じ仲間集まれ」33.「違い見つけ」

■14回目 体を動かすことは、心を動かすこと
34.「しっぽとり」35.「みんなオニ」36.「ボールくぐり」37.「進化ジャンケン」38.「ケンケン靴リレー」39.「馬とびリレー」

■15回目 「チャレンジゲームベスト7」で、学級に多様な価値を
40.「まめ運び」41.「傘立て」42.「折り紙つる」43.「コマ回し」44.「飛行機飛ばし」45.「目つぶり片足立ち」46.「ボール片足くぐり」

■16回目 グループ対抗ゲーム
47.「剣道ジャンケン」48.「からだジャンケン」49.「風船運び」50.「風船を落とさないで」

■17回目 簡単にできて、楽しくなるゲーム
51.「手と手」52.「テレパシージャンプ」53.「カモフラージュ」

■18回目 学年末、ゲームで振り返りとまとめ
54.「十大ニュース」55.「仲間から見た自分像」

■19回目 ゲームで学級開き
56.「もしかめ」 57.「勝ち抜けジャンケン」

■20回目 授業中の音読や暗唱を楽しく
58.「連れ読み」59.「シーソー読み」60.「学級の歴史」61.「読み方バリエーション」

■21回目 ゲームやコールで自然なかかわりづくり
62.「笑いの増幅」63.「さよならエール」64.「かかわりづくりのために」

■22回目ジェスチャーゲーム/エアーキャッチボール
65.「ジェスチャーゲーム」 66.「エアーキャッチボール」67.「エアー縄跳び」68.「レーシングカー見学」

■23回目 短い時間で、声と手をあわせて
69.「グーチョキパーで何作ろう」70.「あがり目」71.「あのつくもの」

■24回目 さわやかな秋の屋外ゲーム
72.「チェックポイントウオーク」73.「宝物発見ウオーク」74.「捜し物ウオーク」

■25回目 初めてのグループで行うゲーム
75.「グーパー」76.「赤い靴」77.「したことある人」

■26回目 どのような雰囲気で進めるのか
78.「数回し」79.「数字でならびっこ」

■27回目 からだを動かして、ウオーミングアップ
80.「お開きジャンケン」81.「お回りジャンケン」82.「命令ジャンケン」83.「ねことねずみ」84.「まねっこ鏡」85.「まねっこ運動」

■28回目 私たち教師がやりたいゲーム
86.「自分の望む休日」87.「私が出会った一番すばらしい教師」

■29回目 学年末、お互い認めるゲーム
88.「ほめほめメッセージ」89「係自慢大会」90.「川柳づくり」91.「友情の架け橋」

■30回目 自由に伸びたり縮んだりできる「心のゴムまり」を
92.「幸せなら名前よぼう」93.「むすんでひらいて」



反響あり。
手渡しのみにしたいですが・・・
もし・・・・でしたら・・・
オーナーメールでどうぞ。


  

Posted by プラス at 11:53Comments(0)

2016年03月05日

「教師による教師のための、みんなが笑顔になるゲーム」(仮)

〈はじめに〉

 『教師による、教師のための、みんなが笑顔になるゲーム』

学級づくりに取り組む先生への応援冊子です。
ゲームのねらいと進め方が書いていますので、どのゲームも十分理解し、イメージできて使えます。その中でも、「これは楽しそう」「これなら、取り入れられる」と、気に入ったゲームを使ってほしいのです。
 
 ゲームは集団指導ですから、ゲームを取り入れると楽しい中で教師の指導で学級集団が動くことになります。ゲーム指導をすることで、教師は、声のかけ方・立ち位置・ノンバーバルコミュニケーションの大切さ等々、集団指導のあり方を学ぶことになります。また、子どもにとっては、ゲームをする中で「学級の成り立ちの基本である、教師の指導で動く」リハーサルが楽しみながらできているのです。
 さらに、ゲームをすることで、今まで見えていなかった違ったすてきな一面が見えてくる互いの「発見的理解」(私の造語)につながります。これらのことが支持的・受容的な学級の風土をつくることにつながります。
「時間が余ったからゲームでもしよう」でなく、「目的を持ってゲーム」をしていただけたらと思います。目的があるから結果が出るのですから。

※もちろん学校以外でも、よりよい人間関係づくりに、ここにあるゲームはたいへん有効です。ぜひ、使っていただきたいと思います。

 教師の笑顔に照られて、必ず、子どもは笑顔になります。
 この冊子が「ともに笑顔で過ごす」ための一助となればと思います。
 みんな笑顔になりますように、願いを込めて・・・。

・・・・・・・・・・
退職記念として、冊子にしようと考えています。
でも、ハードルを飛び越え、現実の物となるのかは、・・・。
まっ、レク心です。  

Posted by プラス at 20:27Comments(0)

2016年02月13日

「みんないるから楽しいゲーム」(月刊学校教育相談)連載終了

今日、30回目の原稿が書かれている「月刊学校教育相談」が出版社から届けてくださいました。

私は、和歌山でいる平凡な教師。
全く「ついています」
全国雑誌に2年半もにわたり、30回の連載をさせていただいたのですから。

きっかけは、「こどもとあゆむ」という、ホームページで日々の教室風景などを発信していたのを、ほんのもり出版の方が見つけてくださり、一本の原稿を書いたことからです。

・・・突然にパソコンメールに・・・
先生が「こどもとあゆむ」のホームページを書いておられる方ですか。
そうならメール返信ください・・・
のようなほんのもり出版からのメールが着いたのが始まりです・・・

また、翌年にも一本原稿依頼をいただきました。どちらも、不登校対応のことでした。
そして、次の年なのか、数年あいたのか、「ゲーム」に関しての6回の連載を依頼されました。

初めてでしたので、6回分の原稿を書いてしまい、「この原稿でよかったらお願いします。もし、そちらが思っていることと違っていたら、それだけの力がないので、そちらで判断してください」と、しました。

6回が無事終わる頃、困ったことが起こりました。
あと12回お願いしますと言ってくださったのです。
私は、6回ということなので、レクリエーションに関して、書きたいこと言いたいことをすべてをそのなかに入れているのです。あと、特に何をどうすれば良いのかを悩みました。

しかし、一回きりの人生なので、自分からは「断る」ということはいつもしていませんでした。
なので、何とか、12回を乗り切りました。そして、最後の原稿を送りますと・・・・・
「先生、何かの都合で連載をストップされるのですか。こちらは続けていただきたいのですが・・・」とメールが来ました。

これには、びっくり。
ゴールと思っていたら、ゴールが遠くに行ったのですから、

でも、ほんのもり出版の私の記事を担当してくださる方が、最高に親切な方で、何とか30回のゴールまで導いてくださいました。
この方がいなかったら・・・途中でへたばっていたでしょう。
「ついている」のです。

横道にそれますが・・・・「がんばる人の後ろには、いつもがんばらせる人がいる」子どもががんばっているのは、先生方ががんばっていてくれるからだと、よく言いますが、本当にそう思えるのです。
「子どもが安全に過ごせているのは、安全を守ってくれている先生方がいるからだ」も、本当のことです。守りをやめると、とたんにけがが増えていくというように思います。不断のまもりが、子どもの安全を守っているのです。


私も、がんばらせてくれ、守ってくださる、編集の方がついてくださっていたからゴールにたどり着きました。
この ほんのもり出版の兼弘さんも退職されるとか・・・
私にとっての「ついている」の守護、兼弘さんがついてくれていたのです。
この方がおられなかったら、私を見つけていただいていないので、30回の連載も始まっていなかったのは、事実です。
本当に、ありがとうございました。
  

Posted by プラス at 09:46Comments(0)

2015年07月23日

「生活教育の会」?からレク講師依頼が

まだ、詳しくは分かりませんが・・・。
プランを示してくださいとのメールが来ましたので、

8月6-8日に滋賀県であるようです。
さて、何をしたらよいでしょう。
教師ばかりの会らしいです。今思いつくことを2時間程度のプランを書いておきます。
まだ、何も様子が分かっていないので、プランのたてようがないのですが・・・
少なくても、下記のことは、情報としてほしいですねえ。
夏のことなので、そのうち、姿が出てくるでしょうから・・・全くあわてません。

もちろん、場所も、時間もこだわりません。
行き先不明のミステリー列車の旅では、途中休憩の場所場所でしたのです。階段もあり、岩ごつごつの河原でも、もちろんお座敷列車の中でも・・・。まっ、その場“いま、ここで”の時間と空間を楽しく共有するのですから・・・。

・時間は、・・PM4-6 2時間 ということ聞いています。
・・・・・・・・・・・・・・・
・目的は?
①レクが学級作りにどう活かせるのか?
②集まった先生方の出会いの場とするためのもの?
③ネタ集め?

・場所・・空間・・会議室? 体育館?

・参加者は、上靴?スリッパ?

・人数・・・だいたいでよいので、、年齢層、男女の割合?

・カセットはかけられる機材はあるのか。・・なければ特に入りません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《教室程度の会議室 少しは動く空間があるとして・・・プラン①》
★テーマ「レク再発見」・・・・レクって目的もあれば、意味もある。
                ・集団指導をする教師修行にもってこいだ。

1.0-15分  自己紹介ゲーム
         ・4つの話・・・
         ・自己紹介「あいうえ作文」

2.15-30分・レク問診の話
         ・親指小指・・         
         ・“あ”の歌 
         ・グーチョキパー
         ・赤い靴

3.30-40分・レクと集団作りのお話
         ・集団作りのキーワード
          ①.同時発声 ・・・ジャンケン世界一
          ②.同一行動 ・・・友情の架け橋
          ③.同化体験 ・・・幸せなら名前呼ぼう

4.40-     簡単ゲーム
  40-45分  1.赤い靴
  45-55分  2.数集まり
  55-65分  3.大急ぎ大急ぎ
  65-75分  4.同一集まり・・血液・家族・

5.75-     グループゲーム 
  75-85分  ①アウト・セーフ 
  85-95分  ②~した人
  95-105分 ③迷文

6.105-120分 まとめ
           ・川柳

※時間あれば つけたし
          ・腹話術
           ・・・ちょっと、太郎君はかさになるので滋賀までどうしようかとも思いますが・・・
             迷うところです。  
  

Posted by プラス at 16:54Comments(2)