アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年11月29日

「子育てで悩む」相談1

10年以上前のこと、・・・

 夜の10時前に電話が入った。保護者からだった。子どもが寝たのを見計らってかけてこられたのだろう。
 初めは、服が泥だらけになっている。聞くと、泥の付いたボールを投げられた。いじめられているのではないか心配、ということだった。
 しかし、よく聞いていると、だんだん本題の話になっていった。
 先日、家で、子どもを殴ったとき、子どもが「殴る親は、もうイヤ。きらいや、・・・死ぬ」
というようなことを言い、心配になっているのだという。死ぬといったときは、十分話し合ったが、そのときから心配なのだという。今までは、子どもが小さかったので、親のいいなりになっていたが、子どもが大きくなってきたら、納得がいかないと、言うことを聞かなくなる。また、何でも親のいいなりになっていたのが、親に反抗することも出てくる。
 今までと同じように、殴って言うことを聞かせようとすると、子どもの「それなら死ぬ」という反撃に出会い。親は、あたふたする。現に自殺が報道されている世の中なので、現実味を帯びた話になる。
「先生、どうでしょうか」・・・と、こちらに回答を求められた。

 まず、電話をくれたから、子どもの様子がよく分かった。電話をくださり嬉しいと言うことを伝えた。その上で、学校のことは、心配ないだろう。でも、電話のおかげで、これから余計にしっかり見守れることができる、というようなことを話した。

 2つめの家のことは、私は、家のしつけに口を挟めないし、いい子に育てようとして、いっしょうけんめいされているのだろう。
 学校では、やる気一杯で、算数などは、自分でも大好きといって、取り組んでいる。こちから「すごい」とかいうと、よけい一生懸命する。応援し、支援する人がいると、ぐんぐんと伸びる子。と感じていると言うことを話した。

 両親が忙しく、話を聞けていないのではないか。忙しいと、話を聞く余裕がなくなり、指示したり、怒ったりして、一方的にいうことを聞かそうとする。小さいときは、それでも従っていたが、これからは、子どもの言うことも聞き、子どももなっとくしてでないと言うことを聞かなくなる。だから、まず、子どもの話を聞く姿勢が一番大事なのではないかと、話をした。

 それに、彼は、繊細な、感受性豊かな子どもである。感受性が豊かなので、親のすること、話してることもよく聞いて知っている。さらに親思いの子どもであることを話した。お母さんの気持ちもよく伝わり受け止める子なので、お母さんが明るく元気なら、彼も明るく元気に過ごせられる詩、お母さんが、心配な気持ちや、不安な気持ちの波長を出せば、彼は、その波長を体で感じる。だから、彼が明るく元気に過ごせるように、お母さんが、幸せに過ごす必要があることも話しておいた。

親も、親業をしながら、親になるので、はじめから100点の親はいない。
いつもなやみながら、親になっていくのですね。

同じカテゴリー(相談)の記事
 不登校の子が教室に入りにくいのは (2007-09-10 20:28)
 子どもをいいように見られなく・・・しかってしまう・・・ (2007-07-10 02:09)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。