アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年03月03日

校長先生のおたんじょうび会

【ひと言感想】
「校長先生のおたんじょうび会をして、校長先生に喜んでもらえたと思います。人に優しくすれば、ハッピーになれると思います。」

子供が・・・校長先生のお祝いをしようという声を出してくれたので、計画しました。その子供が事務の先生に、校長先生の誕生日を聞いてきました。そして、誕生会のプログラムを決めました。
・校長先生を教室まで来てもらうために呼びに行く人
 校長先生には、学習の発表をするので、少し教室に来てほしいと言うことにしました。
・司会
 校長先生が教室に入ってきたら、会のスタート・進行をする役目です。
・お祝いの言葉をいう人
 みんなが笛で「千の風」を吹いているときにメッセージを言います。
・「まんざい」
 何をするかと言うことで、漫才をしたいという子がいたので、そうしました。

校長先生の誕生日当日・・・・
学年全員が息を凝らして、教室で静かにいました。
校長先生が教室に来てくださり、ドアを開けると、みんなが拍手で迎えました。
思わぬことで、すこしとまどわれていたようでした。
イスに座っていただき、漫才を見ていただいたり、笛の演奏を聞いていただきました。そして、笛が小さくなり、お祝いメッセージを伝えました。何人かが、手を挙げて次々と言いました。
そのあと、校長先生からの言葉がありました。
命の大切さのお話でした。

15分ほどの簡単な誕生会でした。
慕っているからこそ、子供達も企画しようとしたのだと思います。

同じカテゴリー(・特別活動)の記事
 委員会活動 (2010-03-29 00:09)
 特別活動 指導工夫の視点 (2010-03-28 00:09)
 新しい学力観に立つ特別活動の授業の展開 (2010-03-27 00:09)
 特別活動でそだてる学力 (2010-03-25 00:09)
 ◎特別活動とは・・・ (2010-03-21 00:09)
 夏の講師依頼くる:「市特別活動研究会」から (2008-05-17 00:09)
この記事へのコメント
すばらしい子供たちですね。
子供たちの話を聞いてあげる先生も素敵だと思いました。
子供の担任は、遠足などで、写真を教室に飾りたいと、言ったににもかかわらず、そんなのいらないみたいに、却下・・・耳を傾けてくれない先生は残念です。
こどもの話なので・・・・
Posted by 6年生のママ at 2008年03月03日 00:38
校長先生がすばらしいからです。だから自然とこんなことができるのですよね。
Posted by プラス at 2008年03月03日 02:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。