アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2013年06月29日

子供の活動を保障する

1.体育の時間に5クラスの学年全体が一緒に、ソフトボールの記録をとる。
確かに、先生は、忙しく動いている。
30人×5=150人の子供は、45分ずっとすわっている時間の方が多い。
2回投げるだけで、体育の時間が終わっていく。

2.飛び箱1台で、・・・
30人が、並んで飛んでいく。
とぶよりも、並んでいる時間の方が多い。

このような、体育の時間は、30年前でもされてはいないと思います。
が、ひょっとしたら、周りにこんな光景があるかも・・・。

飛び箱なら、数台出して、高さを変えて、縦と横と同時になどは、常識

しかし・・・・
子供の活動を保障できているかを、大事に振り返りしたいもの。  

Posted by プラス at 17:35Comments(0)