アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2013年03月03日

3学期あそび会

いよいよ最後。まとめである。
私は、「企画する力」を大事にしたいと思っている。
企画すれば、自分たちが主体者となり出来る。だから、一人一つ企画してそれをすべてするようにしている。「やりたいことを全て」である。しかし、基本は、10分。
例えば、ドッジボールなら、『チームわけを事前に提案し、実際に分ける。ルールを説明する。当日、朝にコートを書いておく。係の者が審判をする。』を紙に書いて私のチェックを受ける。そして、OKとなれば、具体的にチーム分けの場面になっていく。チーム分けでももめるだろうし、ルール説明も、みんなが納得してくれなくてはいけない。それが出来て、実施できる。
同じように、「マジック」であったり、「寸劇」であったり、「やさしいイスとりゲーム」であったり、いろいろな企画ができあがり、当日を迎えるようにする。
全員が1つの企画者であり、参加者である。いろいろなことが、自分たちで出来るのだと、体感してくれればいいと思っている。  

Posted by プラス at 21:21Comments(0)