アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2012年06月23日

教職員夏季研修会、レク講師依頼

■日時 7月24日 9時30分~11時30分
■場所 和歌山市内 20畳の会議室
■人数 20人前後の予定
■目的 小学校・中学校・高校の教室で使えるレクリエーションゲームを体験する

□私の思い
①きっと、夏休みに入り、ホットしたところで、みんなで笑いが出て、心ほぐしになることが大事だろうなあ。・・・ハーレム
②「人との関わり」の不器用さをレク財のちからをかりて、スムーズに関わりができるようなものを運んでいきたいなあ。
③自分の教室での実際にしたことも、何かのヒントになるだろうから話したいなあ。

□プログラム(案)
1.出逢いのプログラム
①あくしゅゲーム
 ※手をふれあうことで、パーソナル空間を開く
 ○かたもみ→円
 ○もしかめ

②ゴー・ストップ
 ※相手に自分の身を任せることで、互いの信頼感アップ。とともに、自分を解放し楽にする。
③ハーレム
 ※身も心もとろける

2.知り合う
①3/4のまことの私(「秘密の体験談」)
 ※財をかりて、自分の話せる部分をはなすことが、自分を楽にする。
②トントンパー(私がゲームにした、オリジナルゲーム)
 ○タイムトラベル集合写真

3.実践(30分 レクの話)
①それは、私です。「5年生の(心の友探し)の実践」
②キーワード「間合い」
③マズローの欲求五段階説

4.人間関係作りゲーム体験
①「大急ぎ、大急ぎ」(私がゲームにした、オリジナルゲーム)
②3分ゲーム
 ※3分あれば、ゲームをして息抜き。
③バースデーライン→幸せなら、名前呼ぼう
 ※認める
・グループ川柳
・協力ゲーム(10分)
  カード集め
・1分リレー小説
・名前作文
・背中テレパシー
・協力磁石
・紙一重(二人組)
・鏡動き→鏡2枚
・しりとり風船
・つながり小説(2人組。カード6枚配る。好きな言葉3枚、接続語3枚。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日(6月23日)、電話手の依頼あり。
なので、今、思いついたことをメモしておいた。
ちょうど、1ヶ月あるので、楽しみながらプログラムを作りたいと思う。
依頼者の方も、このブログを見てくださっていると思いますので、こんなことをと言うことがあれば、ご連絡くださればと思います。  

Posted by プラス at 21:21Comments(0)

2012年06月05日

通学合宿レク講師要請があり

6月22日(金曜日) 7時~8時 5.6年生25人 会場は、ホール
夕食後の1時間程度。8時半からは「もらい湯」ということで、ご近所のお風呂に行く。

■プログラム意図
食後なので、ゆっくりと。また、合宿1日目の夜なので、仲間づくりの意図も入れて。
昨年は、震災のことがあり、「平和」のことも入れ、キャンドルファイヤーも急遽プログラムに入れた。
たぶん今年も、行ったそのばで、何かのプログラムを挟み込んでほしいということもあるのかもと思っている。
 男子が2/3という。その6年の男子を、うまくゲームに入れるかどうかが、大事になってくるのだろう。
 その時間を共有できれば。

■プログラム案・・メモ
 5分  1.もしかめ
10分  2.みんなのこと教えてね。(仲間あつまり)
       ア 学年 イ 家族 ウ 血液 エ
        
       あのつくもの・・・

20分  3.わたしはだれでしょう
      ※絵本 ア 動物 イ たべもの ウ 個々
30分  4.進化ジャンケン   ・・・「剣道ジャンケン」「グーパー5人組みジャンケン」かも

40分  5.大金持ちジャンケン

45分  6.しあわせなら手をたたこう
      ※絵本 ア ダンス イ パラシュート
60分  7.腹話術

・・・・・・・・・・・
このプログラムが、予定プログラム。

【ほかに・・・】
・「風船運び」
・「赤い靴」
・「あのつくもの」
・「大昔の、大金持ちになろう」
  古銭をどっさりと持って行く。それをジャンケンゲームで、手に入れていく。
・「進化ジャンケン」
・「5人ジャンケン」
・勝ち抜き、「剣道ジャンケン」
・「リズムで一つに」
  25人が、1つのリズムをキザミそのリズムで歩いたり・・・。


・・・・毎日、少しずつ考え、当日を迎えたいと思います。

■レクの実際の足跡
・対象 小学5年6年、20人。大人5人
・時間 7時~8時10分
・プログラム
 食後、7時頃から集まりだした。時間がもったいないので、来た子どもからスタートした。

1.いくつだいくつ
 古銭があったので、古銭が手の中に何枚持っているかをあてる。
2.大急ぎ大急ぎ
 グループでならんで、集まった人を紹介しあう。
 ①背 ②家族 
3.仲間集まり
 ①血液 ②誕生月
4.誕生日サークル

5.仲間集まり 私はだれ
 ①動物 ②食べ物
 ※1回目をしてから、どうすれば早く集まれるかをグループで話し合い、もう一度。
  よい動きをした人を認める
6.ダンス幸せなら手をたたこう
 ①ふつうに ②バルーンを使って
 ※ダンスの最後が、ふくらんだバルーンの中に全員が入り、振り返り。
  ・・・少し、雰囲気がかわり、仲間意識が感じられる狭い空間にした。
7.腹話術の太郎で挨拶

■振り返り
・「いくつだいくつ」をしている間に全員がそろい、「同時発声」「同一行動」が無理なくでき、スムーズに流れだした。
 30分早くつき、食事も「どんぶり」をいっしょにいただいた。
 その中で、会話が出来ていたことも、次のゲームに無理なく入れた。


   

Posted by プラス at 21:15Comments(2)