アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2011年12月28日

「福わらい」は、差別ゲームか

私は、考えたことがなかったのですが・・・。
人権的にもんだいあるという人がいて、びっくりしています。
みなさんは、どうお考えなのでしょう。
みなさんに教えて頂きたいと思います。

  

Posted by プラス at 08:02Comments(0)

2011年12月10日

「何だ何だ、なんだろな」お楽しみ会で

品物を当てるゲーム。
教師が、「何だ何だ、何だろな」という。
子ども全員が、「何だ・・・」と、繰り返す。
・・・調子づいたところで・・・
触りたい人 → 前に一人出す。

みんなから、質問を受けて、その子が、「違います」など、受け答えする。
例えば、スーパーボールを袋に入れて、ゲームをした。
幼稚園年長である。

教師が、「何だ何だ、何だろな」
子ども 「何だ何だ、何だろな」
教師が、「何だ何だ、何だろな」
子ども 「何だ何だ、何だろな」
教師「でたい子いるかな。じゃA君出てきて」
教師が、「何だ何だ、何だろな」
子ども 「何だ何だ、何だろな」

子ども「形はどんなですか」
A君「まるです」
子ども「色は、何色ですか」
A君「いろいろあります」
子ども「ボールですか」
A君「ちがいます」
子ども「何に使いますか」
A君「遊びに使います。お風呂で使いました」
子ども「風船ですか」
A君「ちがいます」
子ども「スーパーボールですか」
A君「そうです」
・・・
というように、言葉のやりとりを楽しんで出来るようにこのゲームを取り入れている。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)幼稚園・あそぶ