アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年12月31日

今後の特別活動

メモ・・途中・・1

すべてのかつどうをとおして行われる・・・道徳教育。
その心の教育にかかわる特別活動の役割を重視していく必要がありそう。

こどもたちが、楽しい学校づくりをめざすときに、「望ましい集団行動をとおし、よりよい人間関係を築く力」あるいは、「社会参画する力」、「自治的能力」を求められる。

学級集団づくりに、どのように特別活動が関わり、貢献しているのかをはっきりさせている必要がある。

と、いうものの
結果を求められているような、・・・いままでのように「なす事によって学ぶ」だけでは、いかないような雰囲気がしてくる。
だが、「結果」をもとめ、不必要なところは、切り捨てるというような、効率的な特別活動だけをめざすならば、なにか間違いがあるように思う。
しかし、「短期療法」がいわれるように、「何年もかかるカウンセリング」というより、・・・・なんらかの結果をだしていこうとする姿勢は必要であるということは、私も感じる。

例えば、レクリエーションでも、「ただ楽しい時間を過ごす」というのでなく「目的」を持ったレク財をいれるようにすることを私も言う。目的もなく、楽しいだけでするのは、ちがう。意図的教育ということを意識して取り組むのは、あたりまえだからである。

今模索中であるようだが、今後、心の教育と野関わりで、どんな役割を果たしていくのかが提示されるだろうから、そのことを実践にうつす場合に、何を大事にした取り組みが必要なのかを考えていく必要がある。
ひょっとすれば、「教科書(補助教材)」がでてくるのだろうか。  

Posted by プラス at 21:05Comments(0)

2007年12月31日

先生は いつもニコニコ やさしいな

「先生は いつもニコニコ やさしいな」
5月7日に M子が書いた子ども川柳である。

たしか、向山氏は「どなる教師はレベルが低い」と、どこかでいわれていたような記憶がある。
(間違いならもうしわけありません)

さて、12月31日・・・来年の出発のために、子どもの書いたものなどを、振り返っている。そのなかで、上のような川柳を見つけ、同時に、「どなる教師は・・・」を思い返しています。


5月7日のほかの川柳には、
・加太合宿 きもだめしが こわそうだ
    k子である。加太合宿のことを、話し合い活動で、ひとつひとつ計画を立てていた時期です。

・もうないな 祭日がなく いやだなあ
   h男だなあ。確かに、5月の連休がおわったときだからなあ。

・阪神は 連敗止めろ 絶対に 
   野球好きのn君だ。阪神の話題が、多かったなあ。

・加太に行く 計画を立て 楽しみだ 
   y君だ。k子もであるが、クラスの一番の話題だった。

さて、そのなかでM子が、あのように表現してくれたのだが、今書かせるとどうだろう。
「知ってるよ どなる教師は レベル低く」
と、いわれないだろうか。
・・・・年の暮れ・・・・・・「学級の歴史」を見ながら、子ども達とのあゆみを思い出す時間となった。


 ところで、2年前から、教師も「自己評価」を書き、校長先生と、其れを持って面接するようになっている。年度当初、具体的に、自分ががんばっていくことを書いていることが、どれだけ達成できたかである。
 自分なりに、振り返り、評価文を書いた。

  とにもかくにも、3学期どんないい自分をだそうかと、ひとりひとりが考えている。この機会をうまくとらえで、「やる気」をだせるような、環境・場づくりをしていきたいと思っている。

 3学期は、仕上げの時期だから、成長した点を確かめる時期としたいと思っています。
日々の言動の中で、「こんなことが、良くなったね」という、振り帰りを大事にしたり、「学級の歴史」などを用いながら、自分の成長した出来事を振り返る場を設けたり、2月の終わりには、それをまとめながら、「成長の記録集。そして、最高学年へ」というような、文集をつくれたらいいなあと。

  

Posted by プラス at 02:09Comments(0)

2007年12月30日

雑感・・・英語・パソコン

・・・雑感です・・・

・英語
 小学校に、英語の時間が入ってくる。当然、授業であるから、やっていかなければ行けないが・・・。
これから数年。この英語に関する教材を買うことが、多くなるだろうなあ。
 何も武器を持っていないのだから・・・今のままでは、負けてしまう。なんとか、しなければいけないのだから、武器を手にするしかない。きっと、目先の利く教材関係者は、今密かにここに力を注いで、来年4月からのに間に合わせようと、必死になっているはず。3月頃の「教育書フェアー」とか「教育関係グッズ」とかで、英語に関する物が・・どっとくるはず。

・パソコン
ある人が、「以前は、決裁の紙に訂正印があった。しかし、今はない。作り直しをするからだ。
紙の節約をいうが、実際は、パソコン導入後・・・数倍、紙の使用量がが多くなっている」
「送られたり、作ったりする書類も、また、保存用にコピーして紙を使う。」
・・・・・
紙の使用を減らすことが、むずかしいという話です。

他に、
業務中に、パソコンで時間をつぶしていないか・・・・ということも気になる。
ある会社では、下記のようにしていると・・・ある本に書いているようだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネットでポータルサイトのヤフーを閲覧しようとすると、
「業務と関係ないサイトの閲覧は禁止されています。業務に本当に必要な場合、閲覧が記録されます。同意しますか?」と表示され、OKを押すと、5分間だけ見ることができ、5分後にまた聞かれる。
遊びは一切、許されない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会社でも、しているのだから、これは・・・公の業務をしている所こそ・・・必要。

このことはさておき・・・
パソコン活用も・・・小学校でも大事なことと・・・・私は、思っています。
家に、その環境を持っていること、ない子では、当然のことながら、「文字入力」などで、全く早さが違います。それでもなんでも、やはり、使う場を設けなければと思っています。
 例えば、川柳を自分で打ち、それを一つにまとめるのなら、1時間でできます。
 「メールごっこ」のようにすれば、喜んで打ち出します。 
 ネットで調べるということもです。
身近なものとして、パソコンがあるという実感を持っておくことで、いずれ、それを使える人になるだろうと・・・
 其れより先に、私も含め、教師のパソコン研修の段階なのですが・・・
そんなことは、いってられません。

  

Posted by プラス at 14:10Comments(0)

2007年12月30日

手の広さ(平方㎝)比べ

【用意】
1㌢方眼のます目のついたプリント
(実際したのは、算数のノート・・・ノートが1センチマスでした)

【やり方】
1.プリントに、手を乗せる。手のひらをぴったりつけ、えんぴつで、手の周りをうつしとる。
2.手の方眼の数を数える。
 ア)手の絵の全部が中に入っている方眼の数 ・・・(  )個
 イ)手の絵の一部が、中に入っている方眼の数・・・(  )個

3.下の式に当てはめ、和を求める。
 アの方眼の数×1 + イの方眼の数×0.5 =
                ・・・これが手の面積

4.手の面積の比べ合いをする

【備考】
・足の面積もやってみてもよい
・いろんな物の、面積を、ノートに写すことにより出すことができ、
 広さ比べに興味を持たせることができる。
  ・・・・だれのけしごむが、面積が大きいのだろう
  ・・・・だれの筆箱が・・・  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学習ゲーム

2007年12月29日

さいころ筆算足し算ゲーム 2

【用意するもの】
さいころ

【ゲームのやり方】
1.先攻・後攻を決める。
2.先攻がさいころを振る
 □□   □□
+□□  +□□
□□□   □□□

8回さいころをふり、筆算のどこかの□に、さいころの出た目の数字を書き入れる
 ・一度書き入れた数は、途中で書き直すことはできない。

3.この筆算で出た答えを足したものが、その人の得点になる。

4.交代して、後攻の人が同じようにする。

5.5回交互に繰り返して、5回の得点合計が多い方が勝ち

【備考】
1.5回ずつできる記録用紙を作っておくとスムーズにゲームができます。

2.さいころを振るごとに・・・数字のを予想することになり、数の大小比較をゲーム感覚で
  養うことになり、3年で有効なゲームです。

3. 同じ要領で、引き算ゲームにすれば、どう数字を並べれば、より大きい数の得点になるか
 予想しながらゲームをすすめます。数の大小をイメージできるようになるゲームとして有効です。

  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学習ゲーム

2007年12月28日

さいころ筆算足し算ゲーム 1

【用意するもの】
・2人組
・さいころ 各自1つずつ

【ゲームのやり方】
1.先攻・後攻を決める。
2.先攻がさいころを振る
 □□  
+□□  
□□□   

4回さいころをふり、筆算のどこかの□に、さいころの出た目の数字を書き入れる
 ・一度書き入れた数は、途中で書き直すことはできない。

3.この筆算で出た答えが、その人の得点になる。

4.交代して、後攻の人が同じようにする。

5.大きい答えの方が、勝ち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【発展】
1.これを繰り返して5回する。
  5回の得点合計が多い方が勝ち

【備考】
1.5回ずつできる記録用紙を作っておくとスムーズにゲームができます。

2.さいころを一度に4回ふらなくても、交代交代で、1回ずつふるのも楽しいです。

3.さいころを振るごとに・・・数字のを予想することになり、数の大小比較をゲーム感覚で
  養うことになり、3年で有効なゲームです。

4.. 同じ要領で、引き算ゲームにすれば、どう数字を並べれば、より大きい数の得点になるか
 予想しながらゲームをすすめます。
 数の大小をイメージできる数量感覚を養うゲームとして有効だと思います。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学習ゲーム

2007年12月27日

さいころ引き算ゲーム

【用意するもの】
さいころ
【ゲームのやり方】
1.先攻・後攻を決める。
2.先攻がさいころを振る
 □□-□□=のどこかの□に、さいころの出た目の数字を書き入れる
 ・一度書き入れた数は、途中で書き直すことはできない。
3.この引き算の答えが、その人の得点になる。
・「引かれる数」の方が小さくて、答えが「ゼロより小さい数」になると
 点数にならない。
4.交代して、後攻の人が同じようにする。

5.5回交互に繰り返して、5回の得点合計が多い方が勝ち

【備考】
1.□□-□□=□□ という 5回ずつできる記録用紙を作っておくとスムーズにゲームができます。
2.さいころを振るごとに・・・数字の大小を予想することになり、数の大小比較をゲーム感覚で
  養うことになり、2.3年で有効なゲームです。
※□□+□□=□□□というワークシートを作り
 同じ要領で、足し算ゲームにすれば、どう数字を並べれば、より大きい数の得点になるか
 予想しながらゲームをすすめます。数の大小をイメージできるようになるゲームとして有効です。  

Posted by プラス at 22:48Comments(0)・学習ゲーム

2007年12月24日

クラスの十大ニュース

2学期の十大ニュース

ノミネートされたもの

■9月
7名  25日 運動会のための委員会 英語があった。○くんが入院した。
6名  11日 家庭で助け合って、学級園で収穫したカボチャでスープを作った。
5名 10日 幸せ辞典をつくることになった。
19日 運動会のビラミットが全部上手にできた。
21日 初めて運動場で素足で組み体操をした。
■10月
14名 19日 遅刻欠席だれもなかったので、宿題なし
13名 1日 運動会 ○君も見学しに学校にこれた。
11名 5日 お米だっこく 脱穀しにひるから田んぼに行く
10名 25日 秋の遠足 大阪科学博物館・堺発電所
■11月
14名  7日 魚教室 チリメンモンスター10キロのマグロを料理してくれ食べる。
11名 21日 みのりの集会 自分たちで作った餅米でおもちつきをする。おもち食べる。
5名   2日 作ったいもでお料理 イモでスイートポテトを作った。
■12月
14名 7日 テレビ和歌山見学 初めてテレビ局に行く
11名 13日 ○君にお見舞いの手紙。○・○・○君トイレスリッパ並べる。
19日 映画  ○さんサッカー頑張る。ドッジで先生がはでにどろどろにこけた。

決定しました

 5年2組十大ニュース


1位 10月 19日 遅刻欠席だれもなかったので、宿題なし
   11月  7日 魚教室チリメンモンスター10キロのマグロを料理し食べる。
   12月 7日 テレビ和歌山見学 初めてテレビ局に行く
4位 10月 1日 運動会 ○君も見学しに学校にこれた。
5位 10月 5日 お米だっこく 脱穀しにひるから田んぼに行く
   11月  21日 みのりの集会 自分たちで作った餅米でおもちつき。おもち食べる。
   12月  13日 ○君にお見舞いの手紙。○・○・○君スリッパ並べる。
12月 19日 映画 ○さんサッカー頑張る。ドッジで先生がはでにこけた。
9位 10月 25日 秋の遠足 大阪科学博物館・堺発電所
10位 9月 25日 運動会のための委員会。英語があった。○くんが入院した。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学校ナビ

2007年12月22日

二学期を こども川柳で 振り返り

☆ 川柳で、二学期の出来事が思い出せますね。

☆【楽しみだ 早く稲かり したいなあ
☆【○○君 リレーのチーム 一緒だね
☆【夏休み 宿題いっぱい かなしいな
☆【コンサート 感動したよ ありがとう
  水しぶき はじける笑顔 白良浜
☆【6人で ひとつになって ピラミット
☆【楽しいな 昨日ふくっちと あそんだよ
☆【ひさしぶり 宿題ないの うれしいな
☆【ころりんと ころんでしまった いたたたた
☆【たいへんだ 組体操に 騎馬戦に
☆【くりごはん おいしそうだな 食べたいな
☆【パソコンで 遠足のこと 調べるぞ
☆【ちこくなし 今日はうれしい 宿題なし
☆【うれしいな みのりの集会 もちつきだ
☆【とうりつが やっとできたよ よかったよ
☆【月曜日 必ずしたいな 運動会
☆【パソコンを うつのがはやい オレすごい
☆【楽しみだ 明日は英語が ある日だよ
☆【さむすぎる 寒くて風邪引き 欠席だ
☆【学力テスト テストテストと 多すぎる
☆【ダンボール みこし作りが 楽しみだ
☆【庭に出て せんこう花火 きれいだな
  終戦日 平和を思い はかまいり
☆【パソコンの パスワードが かわったよ
☆【テレ和歌で いろいろ見学 うれしいよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひとつひとつが、その時の出来事をとらえています。
  

Posted by プラス at 00:09Comments(2)

2007年12月21日

学級の歴史

学級の歴史を配りながら、2学期の振り返り
9月・10月・11月12月の歴史を配る。

学級の歴史は、毎日の終わりの会で、「今日のきらり」の後に、「学級の歴史」のコーナーがある。
きらりと光った事柄や、その日にあった出来事を歴史として、「学級ノート」に、「世話係」が毎日記録している。
 その日の行事と一緒に印刷をしている。

【 例 12月の歴史 】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 12月の歴史
│ 日 │曜日│ 行事等 │
│ 1│土 │バスケット中央大会 │
│ 2│日 │ │
│ 3│月 │登校指導     ○君算数教える。 │
│ 4│火 │委員会 │
│ 5│水 │集金・いじめなくそうデー 社会下の本になる。 │
│ 6│木 │ │
│ 7│金 │テレビ和歌山見学 初めてテレビ局に行く │
│ 8│土 │ │
│ 9│日 │     ○君高熱で入院 │
│10│月 │教育相談日  ○君消しゴム貸す │
│11│火 │クラブ(写真撮影) 2学期最後のクラブ。○のおみまいに先生行く。 │
│12│水 │一斉集団下校 ○君ダブルタッチのやり方みんなに教える │
│13│木 │○君にお見舞いの手紙書く。○君・○君・○君トイレのスリッパ並べる。社会テスト直す│
│14│金 │キッズサポート県警非行防止授業で万引き勉強「規則を守ることは、自分を守ること」と学ぶ │
│15│土 │ │
│16│日 │ │
│17│月 │    ○君が退院する │
│18│火 │    インフルエンザで○・○・○さん欠席する。 │
│19│水 │巡回映画          ○サッカー頑張る。ドッジで先生がはでにどろどろにこけた│
│20│木 │2学期給食終了 大掃除・油引きで大騒ぎ │
│21│金 │終業式 │
│22│土 │ │
│23│日 │天皇誕生日 │  

Posted by プラス at 00:09Comments(4)

2007年12月20日

3学期からがんばることを


■ どんなことをこれからがんばろうと考えているのでしょうか、
教師への注文と同時に自分ががんばることを書かせました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○小学校 ○年○組 学級通信 きらり     12月20日木曜  176号

《3学期からがんばること》
☆【元気よく遊びます。 
☆【二重とびは、10回以上飛びます。・勉強を進んで教えてあげます。
      ・体育で負けても笑っておわる。
☆【忘れ物をなくします 
☆【テスト100点とれるようがんばる 
☆【勉強がんばる。 
☆【二重とびの回数を増やす。
☆【宿題を忘れません。
☆【・百人一首もっと覚える。漢字覚える。社会を勉強する。
☆【漢字を覚える。感じテストは、90点以上取りたい。 
☆【二重とびの回数ふやす。
☆【人にやさしく、自分にきびしく生きる。
☆【・百人一首覚える・ちこくしない・宿題忘れないでする。
☆【ないです
☆【二重とび5回とべるようになる。
☆【とくにありません
☆【漢字覚える。きれいな字を書く。
☆【自分の言葉づかいをちゃんとしたい。

すばらしい言葉 3学期のあいことばですね。
       人にやさしく、自分にきびしく
  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)

2007年12月19日

先生の通知簿

■ 先生のつうちぼ

 子ども達の通知簿をつけるのに先立ち、先生の通知簿をつけてもらいました。
①声を小さくしてほしい。
 この声が一番多いようです。なるべく気をつけます。
②だじゃれを言わないでほしい。
 さむいのは、言いません。楽しくなるだじゃれをしっかり研究します。
③宿題を少なく
 50分以上かかれば、しなくていいです。毎日の勉強ぐせをつけています。

⇒厳しい注文を真摯に受け止め、3学期もがんばります。

 《3学期から 先生になおしてほしいこと》
☆【なし
☆【特になし 
☆【声のボリュームさげてください。
☆【急に大声になってうるさいから、あまり大声出さないで 
☆【さむいだじゃれはやめ、おもしろいだじゃれを 
☆【だじゃれを言わないでほしい。声をもう少し下げてほしい。 
☆【声のボリューム下げてほしい。急に大声にならないでほしい。
☆【なし。
☆【とくにありません。このままでいいです。 
☆【声のボリュームを下げて
☆【宿題を減らしてほしい。
☆【百人一首大きく読んで
☆【ないです
☆【急に大声で言わないでほしい。声のボリュームさげてほしい。百人一首ははっきり言ってほしい。
☆【・声のボリュームさげてほしい。・百人一首の声大きくしてほしい。
  ・急に大きい声を出さないでほしい。だじゃれは言わないでください。
☆【なし。
☆【ボリュームさげてほしい。次々とやることを言わないでほしい。  

Posted by プラス at 00:09Comments(4)

2007年12月18日

クリスマス リースづくり

こちらが用意したのは、八つ切り色画用紙だけです。
赤・緑・うすい緑を用意しましたが、緑の画用紙が人気でした。
そして、色紙でのサンタの折り方を書いた本をコピーして渡したのです。

子ども達は、
1.自分で、コンパスで、八つ切りに入る大きな円を描きました。
  私が、見本を作っていたので、それを見ながら、二重に円を描きました。

2.円を切り、ドーナツ型のリースのもとになる型紙を作り上げました。

3.色紙でサンタを作って貼り、あとは、自分が持ってきたかざりつけをつけていきました。

2時間でほとんどの子どもが作り上げましたが、まだまだ作りたいという子供もいました。
今学期最後の図工の時間として、とても楽しめました。
教室の後ろに掲示していますが、華やかで、とてもいいです。  

Posted by プラス at 01:10Comments(0)・クラフト

2007年12月17日

なぞなぞ一行詩

さんぱつぎらい・・・・・・けむし

 ・・・・のように、一行で、何かなぞなぞのような詩を作ります。
しかし、これが難しいのです。
いろいろなものがでましたが・・・・

■ なぞなぞ一行詩
 題が答えになります。

 
★【         雨の後 空をうつす鏡
☆【雪       そらからふわふわふってくる 
★【         きらきらかがやく 雨の後の橋
★【トカゲ     しっぽをちぎり いちもくさん
☆【えんぴつ   けずったらなくなるよ 
★【星       夜空にかがやくきれいな光
★【雨       そらの水道
★【         かけていき ぴかぴか光りもどってく

さてさて・・・・
言葉遊び・・・楽しみたいです  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)言葉遊び

2007年12月14日

非行防止教室 キッズサポートの授業

警察本部から来ていただいて、「キッズサポート」ということで、授業をしていただきました。
私が持ったクラスでは、機械があれば来ていただくことにしていて、3回目のことです。
「万引きについて」という授業内容です。
 同じ内容で、同じ資料(大型紙芝居)を使い授業を進めてくださいました。
しかし、同じ資料(紙芝居)を使っても、少しずつ授業者によって、何を強調するかは違います。今日は、男性だったからか、またひと味違ったものだったようです。

子どもの感想です。
・万引きについて話をしてくれた。14才以上で家庭裁判所に行くのがわかった。警察の人にきてもらって、万引きの悪さがあらためてわかった。
・友達が悪いことをしようとさそいにきても自分が「ダメ」と思ったら、ことわることをこれからも続けたいと思った。これからもぜったいわるいことをしないことを続けようと思いました。
・万引きをしたらけいさつでおこられるだけだとおもっていたけど、児童裁判所とかいろいろなところに行って家の人たちにも迷惑をかけてたいへんなことになる。万引きは、絶対してはいけないことだと思った。
・この勉強をして、悪いことが見分けられるようになった。困ったときは相談します。やってしまったら謝るだけではすまないので、友達がやろうとしていても注意します。
・私は、万引きした人を見たことがないのでこれから見たときは、してはいけないと注意しようと思います。
・警察の人から犯罪について聞きました。友達が悪いことをしていたら、いいともだちとして、注意してあげようと思います。
・ルールを守ることは、「自分を守ること」と言ってました。これから「ルールや決まりを守りたい」です。
・悪いことをしらたあかんと言うことがわかった。大人になっても、悪いことはしたくないです。
・悪いことをすれば、みつからなかったら、どんどんもっと悪いことになってしまって、かぞくもまきこんでしまうと勉強しました。
・去年小中学校の人がつかまったのが千人以上と聞いてびっくりしました。信じがたかったです。
・やはり万引きは悪いことだと思った。今までしたことがないが、これからもしないでおこうと思った。これからもルールを守ります。
・悪いことをしていると注意します。前は注意もしていませんでした。自分もルールを守ります。今日は勉強して、いろいろわかりました。
・勉強して万引きはとてもダメだとわかった。やらないためには、ちゃんとルールや決まりをぜったいまもらないといけないということがわかった。
・万引きがどれだけわるいかわかりました。とてもすごかったです。
・なかまで万引きすると共同正犯になるということがわかりました。
・悪いことといいことがわかりました。万引きがとてもわるいことがわかりました。
・万引きなどやったらつかまる。そういうことはわかっているのに、なぜやるのかな。万引きは、犯罪だと言うことがわかりました。
・自分が悪いことをしていたら、自分が悲しむことになることがわかった。いい勉強になりました。
・してはいけないことがわかった。
・してよいことと、して悪いこととがよくわかりました。万引きなど一生しないと思いました。いろいろわかりました。
・私はともだちにすすめられても自分にストップをかけるようにならなきゃいけないと思った。  

Posted by プラス at 16:38Comments(0)・特別活動

2007年12月12日

音読 いろいろ

いろいろな読み方で、何度も読みます。
以前は、個人読みが多かったのですが、それよりも、ペア交代読みの方が、
「実際に読む読む学習の時間」の保障ができますから、このごろは、
そちらの方が、私は多いです。
その子が自分で読む範囲を決められる「バトンタッチ読み」なども、楽しいです。
例えば、道徳の本など、あるいは、社会の本を読むときに、使います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・一斉読み
   クラス全員で、声をそろえて読みます。

・早読み一斉読み
   全員で、ある部分だけを読み、読みおえた人から、座ります。

・男女交互読み
   男全員、女全員で、一文ずつ交代して読みます。
   文番号で交代する場合もあります。
   詩などは、連で交代することもあります。

・バトンタッチ読み
   読む人と次の人が立っておきます。
   今読んでいる人が、交代しようと思えば、読んでいる途中で座ります。
   座れば、次の人が読み始めます。
   そしてまた、次の人が、立って読む用意をします。

・班読み
   班で、そろえて読みます。

・班早読み
   班全員で、早く読みます。

→班交互早読み競争
   班の人が、1文ずつ交代で読み、早く読みます。

・ペア読み
   2人で読みます

・ペアシーソー読み
   2人で、読む人が立って読みます。

・ペア早読み→ペア高速読み
  2人で、句読点をそろえながら、早く読みます。
  高速になると、大急ぎです。

・ペア交互読み→ペア交互早読み→ペア交互高速読み
  2人組で、一文ずつ交互に読みます。
  普通・早く・最高に早く、の読み方があります。

・個人読み
  一人で読みます。

・連れ読み
  1人が読んで、その後にその他の人が読みます
  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学習

2007年12月11日

係活動の指導

役割意識
役割期待
役割配分
役割出番

係活動をするための時間保障を全校でつくる
時間の保障・・・・場所の保障・・・・なかまの保障・・・・

毎日帯で取っている時間がある。
そのなかの週に1回を・・係活動の時間としてはどうだろうか。

まず、友だちと話し合い、協力しなければ、係活動はできない。
係活動の時間を取ることで、人と関わる基礎となる話し合い活動が、始まる。
定期的に時間を保証することによって、・・・役割活動がもたらす、教育的な意義があるように思うし、活動することで、自主性や自発性とよばれる、自ら動こうとする姿も現れると思う。  

Posted by プラス at 22:52Comments(0)・特別活動

2007年12月10日

風船バレーボール

【用意するもの】
・風船
・ビニルテープと、テープのはしをとめるためのガムテープ

【やりかた】
1.教室の机を後ろにして、イスを真ん中から2群にわけ、真ん中を向かせる。
2.真ん中を仕切るテープで区切る。
3.班対抗で、風船バレーをする。
  イスから立ち上がるとダメ。

4.5ポイントとると、班が交代。
  ※風船が下に落ちるか、周りの千から出ると、アウト。相手のポイント。

【備考】
・3ポイントで交代にすると、ゲームが早くなる。
・お座敷で、座布団に座ってしても、楽しい。この場合、決められた広さの畳をコートにするといい。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・風船

2007年12月09日

12月の給食

・12月の人気メニュー

第一位 チキンカレー
第二位 ビーフシチュー
     チキンカレー
第四位 キザミうどん

子ども達の人気は、いつも上位に入る定番がカレーです。
この月も人気メニュー1位がカレーでした。

さて、このあとの給食はいったいどのようなメニューが用意されているのかを書いておこうと思います。

第五位 きのこスパゲッティ(10日 月曜日)
第六位 あげパン
     にこみハンバーグ
第八位 おでん 
     くじらのしぐれに
      とうふチゲ
第十一位 さけのオニオンソース
       わかさぎのカレーソース
       白身魚のてりやき
第十四位 チャンポン

 十二月の給食回数は、14回です。意外にもチャンポンは一番人気がなかったのです。
調べ方は、「すきなもの三つに手を挙げる」というやりかたです。毎月の月初めに給食便りが届けられたときに調べます。
 給食だけでも、その日が期待でき楽しいのではないかなあと思うのです。何をいただいているのかわからないというより、食べ物に興味をもつということも良いことです。

 蛇足ですが、
 給食費は、一食・・・228円 なので、12月の給食費は、14回で  3192円です。
 あたりまえですが、もちろん教師も、給食代金を払っています。    

Posted by プラス at 00:09Comments(2)

2007年12月08日

テレビ和歌山見学

12月7日(金)にテレビ和歌山を見学に行きました。
まず、スタジオ見学です。子ども達は、セットの中に入り、自分がテレビに映し出される姿を楽しんでいました。スタジオの天井には、50以上の光源があるということです。太陽に近い光の状態を作るのだということでした。
次に、副調整室に入りました。ここからは、串本や高野山などの24時間映し出される映像を操作できることを見せてくださいました。串本のは、津波など海の様子をすぐに伝えられるようにしているとのことでした。画像の切り替えを電車のスピードの切り替えのようなスライドさせていく機械で、操作をやらせてもらった子もいました。
最後は、メインの部屋を外から見ながら説明を聞きました。

テレビ放送は、事前の準備が大変重要だが、ニュースは、速いものの方が価値があるということもおっしゃっていました。デジタル放送のことも教えていただきました。

最後にテレビ局の前で記念撮影をして、帰りました。  

Posted by プラス at 09:15Comments(0)