アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年09月12日

「この道 わが旅」の本をいただきました

ていねいに
「・・・これまでにお世話になったあなたに、おれいの心をこめて、お贈りします。・・・」
校長先生を退職され、その後で、まとめられた本です。

340ページからなる、内容の濃い本です。

私は、この先生と、5年・6年と、同学年をご一緒させていただきました。
6年の社会の研究発表をすることになり、この先生が、
「研究発表の資料を作ってくるので、また見てください」ということで、次の日だったか、2.3日後だったか、何せ、すぐに何と、十数ページにもなる資料を出してこられ、私は、土肝を抜かれた事を思い出します。
 私が教師になって、すぐの担任が、4年生そして、5年・6年と持ち上がったので、新規採用3年目の右も左もわからない頃。その先生が、「ちょっとがんばって作ってきたから、検討してほしい」と、学年会に出された・・・・明治の女工のことなどをとりあげた授業だったと思います・・・資料に、びっくりしてしまい、自分の体の調子を崩してしまったのです。教師って、こんな事を、いとも簡単にできなければならないのか・・・と。
 20年以上も前のこと。しかし、その分厚い資料の表紙までうっすらと覚えています。そのころは、手書きの資料です。これだけ覚えているくらいびっくりしたのです。
 書道の大家のお兄様がいるからか、字もきれい。楽しい方でした。

 今朝送られてきていることを知ったので、まだ中を拝見していないのですが、後ろにつけられた写真などなつかしく思いました。
さて、ゆっくりと、今日これから読ませていただこうと思っています。

 教師の振り出しから、記録を取っておられたように、若いときからの実践等が詰まっているようです。本当にすごいものです。校長をやめられから4年をかけ作られたもののようです。
ほんとうにありがとうございます。

   

Posted by プラス at 21:31Comments(0)・その他、雑感