アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年06月30日

腹話術の太郎君・・・ランキング1位・御礼

レク指導で、いろいろなところに呼んでいただきます。
私ができるのは、ゲーム指導が中心です。

それに腹話術の太郎君が一緒に行きます。
単にゲームだけなら、たくさんの指導者がいますが、腹話術と一緒だということで、
呼んでくださることが多いように思います。

・・・先日
  1年生のお父さんが、子どもが家で、ぬいぐるみを持って、太郎君のマネをしています。
  また、太郎君をしてくれる機会が有れば・・・
 と、おっしゃってくださいました。
  有り難いことだと思っています。

  ・・・・もちろん、口が動かないで言えるのなら・・・プロになりますが・・・私は、全くの素人。
    「動いているで・・・」と、言われますが・・・
    だとしても、なぜか楽しいのですよね。

・私の中では、腹話術では、
1.歌を歌う。
2.楽しい会話
3.何かを伝える
の、3つの使い方があると思っています。

・・・ある町の成人式で・・・スベッテ・・・たいへんだったこともあるなど、
  失敗もいろいろ。

  まっ、素人は、楽しんで・・・
  ということで、これからも・・・・と、思っています。

☆いこらブログ、
  この「レク、雑感」ブログ1周年・・・・
  初めてのランキング1位ということで、・・・
  感謝と、おれいの気持ちを込めて・・・たわいない・・・雑感でした。
  

Posted by プラス at 11:03Comments(0)・その他、雑感

2007年06月29日

初めてのプールひと言感想

今日の天気はどうでしょう。2回目のプールがあるのですが・・。

《学級通信より》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○○小学校 ○年○組 学級通信「きらり」   6月27日水曜日 66号

■○年生は、○小学校で一番早いプールの時間でした。
 泳げる子が多いです。

25㍍・・・18人
18㍍・・・ 人
 5㍍・・・ 人
 1㍍・・・ 人
見学・・・・ 人
欠席・・・・ 人

今日したゲームでの・・
1.水中ムカデ競争 2.水中班対抗リレー 3.宝探し 3.うずまき
なども楽しそうでした。

■ 初めての水泳・・・ひと言感想
☆【プールなのに入れなくて見学でした。いやでした。
☆【心配していたけど25㍍泳げてうれしかったです。 
☆【初めてのプール。おぼれかけたけどすごく楽しかったです。 
☆【初めてのプールをして、ムカデきょうそうが1位だったのが嬉しかったです。ひさしぶりだったけど25㍍泳ぐことができて良かったです。 
☆【宝探し競争が楽しかったです。
☆【プールにはいるとき冷たくて、カラダの体温が下がりました。
☆【冷たいカラダに風が寒かったです。 
☆【楽しみにしていました。思っていたより水が冷たかったです。 
☆【クロール選手権にデマシタ。2位で悔しかったです。 
☆【前より泳げてうれしかった。
☆【今年初めてのプールだった。学校中でも1番だった。楽しかったがつかれた。
☆【今年初めてのプールでした。水がとても冷たかったけど楽しかったです。
☆【25㍍泳げ嬉しかった。また早くしたい。 
☆【楽しかったです。入るとすごく冷たかったです。泳ぐ記録は18㍍でした。
☆【久しぶりのプールだけど25㍍泳げてよかったです。
☆【25㍍およげて、とても嬉しかったです。
☆【初めてのプールはとても楽しかった。25㍍およげた。簡単だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 07:04Comments(0)・学級経営

2007年06月28日

「ムカデ競争」

先日のプールでしたゲームです。

【やり方】
・プールの上で班ごとに並び座る。
・説明する。
 「前の人の肩に手を置き、離れずにプールの向こうまで走っていきます。
 また、こちらまで方をもったままで戻ってきます。
 列が離れていれば失格です。
 スタートは、5㍍のラインからです。
 入って用意します。」
・プールに入り、班ごとの列になり用意ができる。・・・スタート。

・ゴールした班から上に上がる。

・説明
 「次は、クラスの男チームと女チームの競争です。
 男1列、女一列に並びましょう。
 スタートは、5メーターラインです。
 それでは、プールに入ります。」
・プールに入り、男列・女列が用意できる。・・・・スタート。
 
【ひと言】
・プールの上で
1.列を作り
2.説明
します。
プールの中に子どもを入れたままでは、説明がたいへんです。こちらも大きい声で指示する必要が出てきます。プールの上でならび方がわかり、ゲームのやり方がわかってから、プールにはいると・・・列が水の中でならぶ用意を確認し、スタートの合図を送るだけで、ゲームが始められ、たいへんスムーズです。

・一度、班でしておいてから、クラスの男列・女列ですると、
一度すでにゲームをしているので、1列が長くなっても、スムーズに列ができ、始めることができました。

【備考】
・途中に・・・教師が達、手を広げておき、そのところでは、顔を潜らせて通る・・・のような、障害を設けてもおもしろいかも知れません。

   

Posted by プラス at 04:06Comments(0)・水泳

2007年06月27日

「学級でのたいへんな出来事」ミオカノートを読み合う

ミオカノートとは、いわゆる日記です。家で毎日書いてきます。ミオカノートにあった作文を2つ「学級通信」で配り、それを読み合いました。
そのあと、ほぼ全員が、次々に意見を言いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪ミオカ作文1≫

■「学校で・・・」
  今日は、普通に学校に行きました。普通に授業も受けました。それなのに、ものすごくたいへんなことになってしまいました。それは、となりの席の人が、はいてしまったのです。ものすごくショックを受けて、立ち直れなくなりました。ぼくがいやがらせをしたわけでもないのに、ぼくの机の上にもはいてしまったのです。教科書もべとべとでした。家庭セットもべとべとでした。●●がはいたけど、●●のカラダの調子が悪かったからで、どうもしかたがありません。
 そのあと、●●がいろんな場所で会うたびに必ず「ごめんな」と、あやまってくれました。しかたないことなので、ぼくは、ごめんなと言ってくれるたびに「ああ、べつにいいよ」と、って言っていました。●●は、泣きながらあやまってくれてたので、本当にショックだったのだと思います。ぼくは、本当に仕方がないことだから別にいいと思っているから、気にしなくていいと思っています。
 明日、●●が、元気になって学校に来ればいいと思っています。

≪ミオカ作文2≫
■「●●ちゃんがたいへん」
            
 今日●●ちゃんが給食のあとの時に、もどしてしまいました。○○ちゃんが、すぐに反応していっしょうけんめいにふいていました。●●ちゃんもしんどいのにいっしょうけんめいふいていました。すごくえらいと思いました。
 ●●ちゃんは、はいてよごしたことを何度も「ごめん。ごめん。」と、あやまっていました。そのときに△△君が「気にすんなよ」と、声をかけてあげていました。そのあとでも「泣くなよ」と、やさしく●●ちゃんに声をかけてあげていました。えらいと思いました。そして、みんなでふきました。
 明日から元気に来てほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■26日の道徳の時間に読み合いました。
そして、感想を交流しました。
授業の感想を発表している一部をメモしました。

・「いいよ」と、言ってあげるところが優しいです。
・いやみなことをいわないで、ゆるしてあげているのが優しいと思います。
・「がまんして、」いいよと、いってあげているのが、やさしいなあと、思います。
・さいごに「明日元気で来れたら・・」と、考えているのが優しいし、親切だと思います。
・「ごめん」と、いったとき「いいよ」と、いったところが優しいと思います。
・「ごめん」と、いっしょうけんめい言っている方もだし、「いいよ」と、ゆるしてあげるほうも優しいと思います。
・はいた子を心配しているのが、優しいと思います。
・はいてしまったけど、◎◎君がゆるしてくれてうれしかったし、すごくやさしいひとだと思いました。みんなも私のことを気遣ってくれて、みんなにもやさしくしてもらって嬉しかったです。
・「なくなよ」とか、やさしい言葉をかけてあげた△△君も優しいです。

⇒「ミオカノート」
 自分が見たこと。自分が思ったこと。自分が、考えたこと。
 このミオカノートに書くのにふさわしい学級のことを書いてきてくれたと思います。
 言う人もやさしいけど、このミオカノートを書いたひとも私は、優しいと思います。
 クラスのことをしっかり見て、感じて、考えることをしていけば、さらにいいクラスになっていくと思います。自分の心をしっかり動かせてミオカノートを書いていってほしいと思います。  

Posted by プラス at 00:52Comments(0)・学級経営

2007年06月26日

3回学級会のこと

子ども達が話し合っているのを、少しメモしました。
記録を残すことで、学級会の回数を重ねていくと、どう話し合いの内容もが変化していくのか、わかるのではないかと、先の会を期待してのことです。
ここのブログでは、6月24日の記事「学級会3回目」の中身になります。

もちろん、教師の支援がうまく働かなければこのままだと思います。
支援の大きなひとつめは・・・まずは、毎週「話し合い」の、時間を保証すると言うことです。
自分の、そして、自分たちの生活を振り返る時間を・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○小学校 ○年○組 学級通信「きらり」   6月26日火曜日 65号

学級会の様子の一部です。

1.直したいところ
・机をきちんとならべていなかったので、きちんとしたいです。
・書写の本とか、忘れ物が多かったので、忘れ物をなくしたいです。
・遅刻をしたので、遅刻をしないようにしたいです。
・人のいやなことをしたので、しないようにします。
・百人一首を覚えていなかったので、覚えてきたいです。
・休んだ日があったので、休まないようにしたいです。
・大きい声で発表していないので、大きい声で発表したいです。
・そうじが遅くなり、朝の会をおくれてきたので、、朝の会におくれないようにしたいです。
・教室のゴミを進んで拾っていなかったので、進んで拾うようにしたいです。
・机の中が、整理できていなかったので、整理したいです。

2.続けたいところ
・人に「死ね」とか言わなくなったので、いやな言葉を言わないように続けたいです。
・トイレのスリッパをならべるようになったので、続けたいです。
・遅刻がなくなったので、続けたいです。
・朝遅く起きていたけど、7時に起きられているので、続けたいです。
・忘れ物が少なくなったので、これからもなくしていきたいです。
・宿題をきちんとしているので、コレを続けたいです。
・朝の返事がおおきいので、これからもおおきい声で返事をしたいです。
・みんな返事がおおきくなってきたので、これからも続けたらいいと思います。
・今週ケンカがなかったので、続けて仲良くできたらいいと思います。

3.こまっていること
・スリッパをならべないと、次の人がたいへんだからならべたらいいと思います。
(司会)ならべていないことをどう思っていますか。
・たまにならべていないので、ならべたいです。
・やらんと気があるので、気をつけてならべます。
(司会)じゃ、みんな必ずならべるでいいですね。ならべていきましょう。
・誕生日会するといったけど、いつやるのですか。
・ちゃんとプログラムを考えていないので、次の時言います。
・いつですか。
(司会)何日までに考えると、決めて下さい。

4.これからの予定
月)体操服点検・・・体育係
火)名札帽子点検・・世話係。図書整理・・図書係。新聞発行・・図書係。
水)ハンカチ点検・・世話係。水槽水替え・・水槽係。リコーダー練習・・音楽係
木)社会見学
金)がんばれた人発表・・体育係。詰め点検・・保健係。図書整理・・図書係。
 新聞発行・・新聞係

5.その他

6.めあて
(司会)自分の目当てを決めて書いて下さい。
(司会)今週のクラスの目当てにしたらいいことを言ってください。
・トイレのスリッパをならべる
・ゴミを進んで拾う
・進んで教える。
・いじめをしない。
・助け合う。
(司会)これらについて意見を言ってください。


(司会)多数決で決めます。手を挙げてください。1.・・・。
(司会)「進んで教える」に決まりました。わからない子がいたら進んで教えあっていいクラスにしていきましょう。
終わります。

■自分のこと、クラスのことを振りかえれていると思います。
一週間の自分の目当てと、クラスの目当て、それに、係のすることも決まったのですから、後ろの黒板に書いたり、たんざくにかいてはったり、みんなが、目当てをいつも目にして意識して行動できるようにすれば、またひとつ良くなると思います。
 また、「点検」が多いですが、楽しいことで、何かをしたらクラスが良くなることを考えてほしいと思います。係で工夫してください。

 3学期まで続けます。
どう学級会が上手になっていくのかが楽しみです。3学期には、お家の人や他の先生に見ていただく機会が有ればと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週は、一つ進化しました。
自分の「一週間の目標」を短冊に書き、掲示しました。  

Posted by プラス at 00:14Comments(0)・特別活動

2007年06月25日

「宝探し」ゲーム

子ども達が一番好きな・・・一番ポピュラーなゲームに思います。

【やり方】
1.宝(ゴムでできたものを用意しています)をプールにまきます。
2.子どもをプールの周りに座らせます。
3.子どもに、まず、水をカラダのはしの方から最後は、胸に水を自分でかけます。
4.スタートの合図で、水に入り、宝を拾います。
5.決められた、コースのところに集めてきます。
  番号を書いた飛び込み台のところに宝を置くようにしています。
6.時間でプールから出ます。
7.休んでいる人に、宝物の数を数えてもらいます。
  数が多いチームが勝ちです。

【その他】
・低学年としたり、泳げない子がいる場合は、小プールにも宝物を入れます。
・宝物をプールに投げ入れる場合、それが人にあたらないように注意します。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・水泳

2007年06月24日

学級会 3回目

■学級会のこと 6/18

・直したいこと、続けたいことを話し合い、最後に自分の目当てを決めている学級会
ミルマ学級会「みんなで」「ルールを」「守る」学級会という 名前に決まりました。

1回1回、みんなで話すことが、自分の生活を振り返ることになり、自分たちで、自分たちの学級生活を良くすることにつながっていくと思います。話し合いを大切にしていきたいです。
☆【人にいやなことをしないというのを目当てにしたいです。ミルマ学級会になりました。ぼくもこの名前がいいです。 
☆【宿題を忘れないを目当てにがんばります。クラスの目当ては、「進んで教える」です。ぼくもわからない人に進んで教えます。 
☆【どういう意味かわからなかったけど、わかった。みんなで、ルールを、まもる、ミルマ学級会をがんばっていきたいです。目当ては、机をきちんとそろえるです。
☆【学級会でいろんな意見が出ました。進んでコミをひろうが目当てです。いつもきれいにいたいからです。
☆【学級会で、3回も発表した。めあては、遅刻しないです。みっかぼうずにならないようにがんばります。
☆【たまに、ならべるのを忘れるから、これからトイレのスリッパをならべます。 
☆【これからなかよくなるような学級会にしたいです。私の目当ては、スリッパをならべるです。 
☆【一日3回は手を挙げることを目当てにしたいです。助け合いができるように鳴りたいです。 
☆【発表して、楽しく学級会ができました。目当ては、忘れ物をしないです。
☆【給食を時間に食べるデス。みんな待たないでいいからです。学級会のことを家で書いてきて、苦労せずにすんだ。日曜に気がついて良かった。
☆【こまっていることは、トイレのスリッパをならべない子がいることでした。ぼくは、これからならべます。
☆【落とし物が多いので、落とさないようにしたいです。黒板の書記係をしました。すると、手が真っ白けになりました。
☆【今までゴミをひらっていなかったから、ゴミをひらうが目当てです。 
☆【人の話を聞くを目当てにします。みんなが発表して楽しくできました。
☆【ミルマ学級会になりました。いい学級になりそうです。ぼくの目当ては、遅刻しないです。よく遅刻するからです。
☆【学級会の名前が決まりました。みんなで、ルールを、まもる学級会です。
☆【たまに遅刻するので、遅刻しないようにしようと思います。
☆【忘れ物をすごくしているから、忘れ物をしないが目当てです。 
☆【トイレのスリッパをならべるが目当てです。いままで、ずっとならべてなかったからです。
☆【大きな声で発表するが目当てです。
☆【学級会の司会を初めてしました。初めてなのでどうすればいいかよくわかりませんでした。私の目当ては、ならべていないから、トイレのスリッパをならべるです。
☆【授業中だらだらしているから、だらだらしないが目当てです。  

Posted by プラス at 18:06Comments(0)・特別活動

2007年06月23日

コミュニティ・・・雑感

楽しいを 分かち合っての ボランティア

自分が楽しいから、ボランティアが成立する。
「・・・のために」することが、自分も楽しいと言うこと。
「自分」と「相手」のバランスがなければ、ボランティアではない。

自己実現とは、「自分の可能性を生き生きと発揮して・・・」だが、自分のためという寄り、周りの人のために発揮できたときにこそ、「自己実現」を感じるものだと、最近気付く場面があった。
「・・・のために」自分らしさをしっかり発揮できる・・・そのようなボランティアが
できれば、自分も周りもすてきな社会になる。

「してほしい」・・・「してあげたい」その、相互の交流ができていないところに・・・
世の中のまだ未成熟な場がある。

コミュニティ事業が成り立つ場が、ここである。
生きがいある社会のための事業が、コミュニティ事業。
しかし、この「さまざまなバランス」を保ちながらしているところは・・・少ない。

「自分助け」の事業・・・担ってしまい・・・・利潤優勢で、・・・「会社」になってしまっている。
「ちいさき人」が、やると、そうなる。金が動くのだから、自分の儲けが一番になってしまうのだから・・。

政治家も・・・。
「小さき人」がすると・・・「世のため人のため」よりも・・・「自分のため」になってしまう。
和歌山のあの知事さんでさえ・・・ブランド時計になって・・・

なかなか、・・・・・・。

人間・・・カスミを食べて生きていくことができないのだから・・・
仕方ない。

だが、・・・・
・・・お手本のように・・・実践している人もいるのは、事実である。

和歌山市での「つどいの家」事業の一部である。
行政が、後押ししているから、できているという現状はあるが・・・。
民間だけになると、そのような運営は・・・・まだ、できないかも知れない・・・。
それは・・・「受益者負担」という、認識が低いから・・・。

行政は、「うすい・・支援」を続けてほしいと思うが・・・この事業は、一部成功しているように思える。
成功しているところと、できていないところの差は・・・
「させていただく楽しさ」を、各地区の「つどい」主催者がどれほど持っているかどうか・・・。
あまり、立ち入っての評価も良くないので、やめておくが・・・。
コミュニティ事業の大事なスタートラインと同じ事が言えそうにも思っている。


民間だけで、コミュニティ事業を、様々なところで、展開しているが、(はじめに書いたが)、
1.人と人との交流を促進できていない。
2.事業を広く公開できていない。
3.「小さい人」が、「本来の目的から」それた運営を・・・
まだまだ、これからの事業。

いわゆる団塊の世代の方が、このコミュニティ事業を・・・・・・・・・
一歩も二歩も、成熟させていく原動力になると、私は、予想しているのです。

ここしばらく・・・
コミュニティを意識した事業展開が、おもしろくなると思っています。

視点をすこしずらして・・・
コミュニティセンターは・・・公民館事業の価値観から抜け出せずに・・・・いるように思います。
これから図書館と、喫茶店がひっついたような、コミセンが、ある地方の方で計画中とかなんとか・・・
本来のあるべき姿は、私もよく分かりませんが・・・住民がコミセンの運営委員になり、住民主体の場所になるのが、本来と私は思います。キットそうなっていくはずです。
行政の財政が・・・圧迫されてくると、「ピンチチャンス」と考えれば、運営を住民に移行せざるを得ない状況になります。・・・というか、そうする方が、互いにベターだと思います。
さて、こちらもどうなっていくのか・・・

蚊帳の外の、評論家的発言で、申し訳ないです・・・

千葉のコミセンは、15年前にそうなっている面もあると、
・・・現状は、把握していませんので、全くのでたらめかもわかりません。ごめんなさい。
  15年前には、千葉に行き、その部署の人にもお聞きしましたので、「遠からず」とも思います。
・・・なぜ千葉か、というのは、
  「千葉がコミセンで先駆的な」と、「生涯学習まちづくり」の方面の文献で見たから
  (これも15年前で、うろ覚えの中で・・・)に過ぎませんが・・

コミセンが・・・変化し、
・・・・・・・・・いわゆる団塊世代の生きがいの場としての、コミセン運営と、コミュニティ事業

そう流れるとおもしろいと・・・密かに思っています。
まっ・・・かってな夢物語です。


「生涯学習まちづくり」について
・・・実際は、私は何もできていません。
  が、私の中でのレクリエーション活動のテーマということで、
  ぼんやりと、座りながら・・・長々と・・・

最後まで、駄文にお付き合いしてくださったあなた。
ありがとうございます。  

Posted by プラス at 13:18Comments(0)・その他、雑感

2007年06月22日

救急法・・・なんとか・・・

ネットのおかげで・・・資料も作れ・・・映像もあり・・・

今日、全職員で学習会をすることができました。
校長先生が、消防から人形を2つかりてきてくださり、全員が実際に練習しました。
練習することで、こういう緊急の事が避けられるのだと思います。

その後、プールの機械操作などを、実際にプールの場所に行き学びました。
毎年のことですが、このような安全に関することは、きちんとひとつひとつ点検確認する必要があります。

早速来週月曜日の9時から・・・プール指導が始まります。

  

Posted by プラス at 23:15Comments(0)・その他、雑感

2007年06月22日

プロのバスガイドさん

社会見学に行きました。
おそらく、今日のバスガイドさんが・・・3本の指にはいるのではと・・・。

何が違うのかというと、

自分が話し出すときに、その前のことを少し、受け手から、次の自分の話にはいるのです。
例えば、
それまで子ども達でクイズ大会をしているとすると・・・

「皆さんは、算数が得意な子が多いのかな。
クイズのなかに、算数の問題がたくさん入っていましたね。
さて、皆さん、右側を・・・」

あなた達のしていることを認めていますよ・・ということを態度で表しているから、特に気持ちを乱されることなく、バスガイドさんの話を聞くような態度になれるのでしょうね。
さすがです。

もちろんいろんなバスガイドさんがあり、今回は、特に、自分でゲームをして、積極的にすすめようとするタイプでもなく、知っていることすべてを話そうという態度でもない。
少しだけ話してあげますよ。と、少し距離を置いた構えをしている人でした。
その点をどう評価するかは、違ってきますが・・・。
話し方の工夫は、私も学ぶ点があるプロの技だったような思います。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・その他、雑感

2007年06月20日

「国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト」

これはまたすばらしいですね。
パソコンっていいですねえ。
すごい世の中です

子ども達とみたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2Uプロジェクト)では、天体や天体現象を空間3次元と時間1次元の4次元で可視化するために、4次元可視化実験システム「4次元デジタル宇宙シアター」を開発しています。
天文学の対象である宇宙の空間と時間のスケールは莫大です。さまざまな空間スケールでそれぞれの構造があり、空間に対応した時間スケールで変化しています。当プロジェクトはそのような宇宙の構造の進化を最先端のコンピュータで描き出し、また最近の観測データを用いて、宇宙を文字通り「目のあたり」にすることを目指しています。
http://4d2u.nao.ac.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・その他ゲーム

2007年06月19日

バスの中の出し物

木曜日に社会見学に出かける。
そのバスの中の事を話し合い決めた。
バスの中でも、いつもの朝の会をする予定である。
朝の歌は、校歌をテープで持って行きかける。
帰りのバスは、ビデオで過ごす予定。

昔は、もっと時間をかけ、司会などその役割を持った人が、すべてのセリフまでそれぞれが用意して、それをしおりに書き込んだ細密なものを印刷したが、いまは、そのようなところまで要求していない。
 バスの中も、レクリーダーが次々と交代し、班の出し物をしたり・・・盛り上がった。が、今は、昔のように学級集団としての強いまとまりがないので、自分たちで規律をもって楽しくゲームすすめることがむずかしいと感じている。となると、個人がクイズを出したり、歌を歌ったりという出し物だけになっている。全体でのゲームは、「ジャンケン大会」だけである。
 子ども達が決めたこの内容を見ながら、・・・今後自分たちでゲーム出し合いすすめていける集団に育てていきたいと思った。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バスの中の出し物

■.出し物1. 《クイズ》①司会【  】
・おはようございます。朝の会をします。
・朝の歌です。大きい声で歌いましょう。(  )
・元気調べ
・校長先生の言葉
・学級代表あいさつ(  )
・「クイズ大会」をします。
  ※クイズ1人3つ紙に書いてくる。 1つずつ順番に言う。あとは、おしゃべり。

■.出し物2. 《ジャンケン大t会》②司会【  】
・ジャンケン大会の後、おしゃべりタイム

■.出し物3. 《個人歌》③司会【  】
※一人2曲歌う用意しておく。1曲ずつ順に歌う

■.出し物4. 《ビデオ》④司会【  】
※○君、○君が持ってきてくれる。

■.出し物5. 《ビデオ続き》⑤司会【  】
・[おやつOK]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・特別活動

2007年06月18日

救急法講習の前に・・・

職場で、救急法の実習をすることになりました。
その前に少し、事前研修をしようと思い・・・さがしていたら・・・
ぴったりのがありました。
みんなで、まず、コレをみてから、始めることにしたいと思います。

研修のレジメもできました。
ほんとに・・・ネットは、有り難いですねえ。

(救急法の参考に見ようと思うところ)
http://www.videobrowser.jp/contents/redcross.html  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・行事

2007年06月17日

「研修会準備」メモ

1.駐車場 案内係
2.教室  表示(矢印等)
       写真
       資料・出席表 ・机・えんぴつ
       記録
3.会   録音
      写真
      表示
      教室環境(机・イスならべ)
      司会・
      助言
      記録
4.玄関・廊下
5.接待
6.その他  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・行事

2007年06月16日

ドリルマラソン

算数の時間調整をするときは、ドリルマラソンをします。

今日の課題が解決し、練習問題をします。
その練習問題だけで、時間一杯必要な子がいます。
その一方で、すぐにやり終える子も当然います。

そんなときに、「ドリルマラソン」をします。
ドリル1ページ全部をするのは、しんどい気がします。ドリルのページがかわった方が、やる気が出ます。ページごとに、問題の種類が違うので、違うページをして、いろいろなパターンをする方がいいと思います。なので・・・「ドリルマラソン」なのです。

1.やるページを指定し、黒板に書きます。
2.今日は、このそれぞれのページの、何番をするのかを書きます。
  例えば、「各ページ①~⑤をします」です。
1ページの①②③④⑤をすれば、答え合わせをして、ドリルの2ページの①②③④⑤をし、答え合わせ。また、3ページの①②③④⑤をするというようにします。


また、さらに、
「時間が経てばスーパーでも、はじめは500円だったおべんとうも、300円になったり、安くなるでしょう。」といい、授業時間によって、はじめは、5問ずつしていたのが、この時間から安売りが始まり、3問ずつになります。・・・などと、全員がそのドリルマラソンをクリアーできるように配慮します。

さらに言えば、
○○ちゃんルールということで、「各ページ1問」にしてドリルマラソンに取り組ませます。
計算などが特別遅い子には、1問ずつすることで、みんなと同じようにドリルマラソンに参加させられます。

ということで、時間にあわせて、あるいはその子にあわせて、仕組むことができるので、算数の時間の時間調整にうまく利用できると思っています。

  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・取り組み

2007年06月15日

本日参観日「お」のつくことば+雪

国語「仮名づかいの決まり」を見ていただこうと考えています。

遠くの 通りの 氷の 上を
多くの オオカミ 十ずつ 通る
おのつく 言葉は おもしろい
   (でんでんむしむしのリズムで・・・)

■「う」か「お」かのゲーム
 
1.いろいろな言葉を、「う」と書くのか「お」と書くのかわけていく。

 例  おとうさん きのう おうふく どうとく ぼうえき
    おおきい おおい こおり
2.のばす音で「お」をそえるのは、上記の言葉だけということになり、それを
  「でんでんむし」のうたにしてしまい、その場で覚えてしまう。

■参観日なので、
このまえに少し、「詩」の学習を取り入れたいと思っています。

私の好きな 三好達治の 「雪」の詩をすこしさわろうと思います。

1.雪のイメージを出してもらいます。
  本来は、冷たいものです。しかし、私がこの詩から感じる雪は、あたたかい雪です。
  なので、はじめに、雪の経験などで、本来の冷たい雪のイメージを出し、あとで、
  この詩の雪と、比べて違った雪の感じをだそうと思います。

2.読む
  覚えるように読もうと思います。

3.場面をイメージする
  都会ではなく、のどかな村のような景色をイメージするのでしょうか・・・ 
 
4.太郎を眠らせたのは・・・
  母親かも・・・雪とも言えるかも知れません。
  母親のイメージと、雪のイメージが重なるので、雪が、ふわふわしたイメージに感じるのでしょうか。やさしい雪が・・・音もなく、しんしんと、降っているように思えます。

特に、このように感じなくてはいけないというものは、ないのでしょう。
あくまでも私の解釈ですから、こだわらないようにしたいと思います。
私は、読むほどに、冷たい雪から、あたたかい(言い過ぎですが)雪に感じます。
さて、子ども達は、どんな感じ方を教えてくれるのでしょうか。

楽しみにして、授業したいと思います。  

Posted by プラス at 06:29Comments(0)参観

2007年06月14日

1年生おむかえ集会(案)

1.日時 5月○日( )1限
      ※できるだけ、時間通りに始めたいと思います。
2.プログラム
(1)はじめのことば
(2)みんなで歌いましょう
(3)暗号ゲーム
(4)おわりの言葉

3.暗号ゲームについて
 いくつかの特別教室の中から、ひらがなをかかれた髪を見つけます。髪は、3色あります。それぞれの色に書かれたひらがなを正しく並び替えて「言葉(暗号)」を考えます。
 使用する教室・・・( )

4.その他
 ・グループ分けは、事前にお知らせします。教室でグループを知らせておいてください。
 ・グループで1枚解答用紙を渡します。
 ・結果は、次の日に掲示板を利用して発表します。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・行事

2007年06月13日

「学級会は、いい」2回目学級会

第1回学級会の事は、記事にしています。
それから一週間経ち、第2回学級会を開きました。

□直したいこと
・朝の会で、全員そろって笛を吹きたいので、そうじから帰ってくるのをおくれないようにします。
・だんだんいい返事ができてきているので、卒業式の返事の声で、返事をみんながしたい。
・「ゴミひらって」と、いわれる前に、進んでゴミをひらいたい。
□続けたいこと
・遅刻・欠席がないので続けたい。
・(つけたし)4年生の時に、よく遅刻していたけど、5年になり、1回も遅刻をしていないので続けたい。
 ・・・・⇒この言葉の後に、全員で拍手をした。
     この子は、5年になり、他のこと同じように生活しているが、4年までの遅刻回数というのは
     たいへん多い。半分以上は・・・遅刻して登校していた。
     この子が、自分から、言い出さない限り、聞かないつもりであったが、今になると、
     どうして、遅刻しないで登校するように、一変したのか、知りたいものである。
     この場面では、4年の姿を知っている人に少し言ってもらい、こ「この変身ぶりは、すごい」
     ということを私の方で強調し、みんなで拍手した。
      いずれまた、「なぜ変身できたのか」は、自分から語る時期があるように思っている。
・トイレのスリッパをならべているので、続けたい。
・・・・・⇒昨年の子ども達が使っていたトイレは、いつも当たり前のように、常にスリッパがならんで
     いた。しかし、この学年のトイレのスリッパは、ひどい状態であった。今も、常にそろっている
     とは、いいがたい。乱れている方が多い。
      しかし、この学級会で初めて、「私は、ならべている。続けたい」と、言えた子がいる。
     このことが、周りの子の行動に広がりを見せるのではないかと、思っている。
     
□そのた
・ぼくは、ストレスがたまっています。
   ⇒何でも出していいことを伝えたからだが、自分の状態を訴えたい発言があった。
他の子)・質問ですが、どうしてですか。
・お母さんに怒られて、やろうと思っても、やる気がなくなるような言い方をされるからです。
司会)アドバイスをしてあげてください。
子)怒られることをしないで、ふつうにお母さんにも、みんなにもやさしくすれば、怒られないから、ストレスがたまらないと思います。
子)ストレスがなくなるように、スカッとすることをしたらいいと思います。
子)素直にしていたらいいと思います。・・・
子)自分の言葉に責任を持ったらいい。
子)・・・
・ありがとうございます。
  ⇒なんの解決にもならないだろう。しかし、言葉に出した時点で、何らかのストレス発散には
   なっていると考えます。5年生です。親からは、期待も含め受験のプレッシャーがかけられ
   ています。
   しかし、そうであっても「自分の言葉に責任を」と、親に、ひどい言い返しをしていることに
   それは、やめたほうがいいというアドバイスをする子もいます。

□今週のクラスの目当て
 ・教室のゴミを進んで拾う
 ・遅刻をしない
 ・卒業式の声で、大きい返事をする
 ・トイレのスリッパをならべる
⇒4つの意見が出た。この目標を決めるときに、私から先に話をした。
「コレならできそうだという目標にしてほしい。一週間できて、みんなで喜んだ方がいいから。今、全員がそろってできそうもないものは、・・・3学期頃になって、できるようになってからその目当てをみんなで決めたらいいから・・・」
 しかしながら、「遅刻をしない」が、多数決で2番より1名多い数であった。
 また、私が言った
「今、よく遅刻をする子がいる。私は無理だと思うが、どうして、コレを選んだのかわからない。これを選んでも守れないから、他のにしてほしい。もしも、コレを多数決でそう決めるのなら、今までよく遅刻している人に、コレが目当てになっても、守れるのか聞いてからにしてほしい。」

司会)遅刻を今までした人立ってください。・・・⇒数名立つ
司会)A君どうですか。コレを目当てにしてもいいですか
A)遅刻をしないようにがんばりますので、いいです。
⇒数名の子に同じように聞いた。全員が、がんばるという返事だった。

次の日・・・・朝、私が出勤すると・・・玄関で・・・
子)先生、もう、A君来ているで・・・
 ⇒「お母さんがおこしてくれた」。家で、おくれないように、気をつけていくことを親に話したのだろう。なので、親の協力も、得られたのだろう。
 ・・・それが、続くなどと、期待しすぎない方がいい。しかし、その話し合いの結果、1日でも行動がかわったと言うところが、意味があるように思います。

■話し合い活動の2回目の様子
 話し合いのごく一部の様子を、メモをもとに思い起こし書き出した。
 教師が一方的に、「○○しなさい」と、言うことも大事だが、自分たちで、話し合うことにより、自分たちの行動が変わり、学級がかわっていく。
 もちろん、1回ですべてがかわるとも思っていないが、自分たちが、自分たちの生活を振り返り、自分たちで、直したいことを話し、続けたいことを話することの大切さを今回感じた。子ども達にとっては、初めての事のようで、こちらにもこの話し合いがたいへん新鮮なものに感じた。
 昨年は3年生でこの話し合いを続けたいへん意味ある時間だと思ったし、今回もそうである。しかし、この子ども達も、このような学級会は、持ったことかせないという。私自身も、前回も書いたが、今まで、「行事」にかかわったことを決める時間に使っていて、このような「普段の学級会」ができていない。また、来週には、バスで見学に行くことがあるので、その事についての話し合いをしなくてはならない。とすると・・・当たり前に考えれば、この普段の「学級会」は、できない。週に一時間が、この「話し合い活動」の時間であるからである。・・・意識しないと、行事の決めごとだけで、週に一時間の学級時間は終われていくので、仕方ないとも言えるのである。

 「普段の学級会」をもつためには・・・・バス行事の件ならば、具体的な、バスの座る順番だの、バスの中の過ごし方など、写真を撮るときの並び方など・・・私の場合は、イメージリパーサルできるくわしい資料を用意している。 それを配り、場面ごとの話し合いを終わりの会などを使い、細切れにしようと考えている。クラス運営にかかわって、この「普段の学級会」をすることの重要性を感じているからです。

 とにかく、今回、2回目の話し合い活動は、意味あるものであったと思っています。  

Posted by プラス at 00:49Comments(0)・特別活動

2007年06月12日

300円「白メダカ」???

メダカを教室で、飼っています。
うまくタマゴを解剖顕微鏡で見ることもできました。
そのタマゴから・・・生まれて、たくさん・・・
            ちいさな小さな・・・稚魚が泳いでいます。

・・・・昨日、学校の近くのスーパーに行きますと・・・・
   メダカが売られていました。

   一匹、28円です。

   「白メダカ」・・・というのがあるのですか
   それは、一匹・・・300円でした。

子ども達に、今日それを話しました。
「そしたら、この水槽で、2千円は泳いでいるなあ」・・・の声。
白メダカ(と、おもわれる)が数匹泳いでいます。

確かに、カラダが白いのですが・・・。全体が白ければ、白メダカといっていいのでしょうか。

さて、
・・・水槽をもう一つ置き、メダカをふやしていく事を考えましょうかねえ。
  それにしても高いものですねえ。
  この小さなメダカたちも・・・  

Posted by プラス at 23:26Comments(0)・その他、雑感

2007年06月11日

 開校記念集会 

■ 開校記念集会 ひと言感想 
 今年から開校記念日は普段通りの登校として、その日に「開校記念集会」をすることになりました。
 今年は、5時間目に体育館に全校児童が集まり、学校ができるときの様子や、卒業生のすべての人の名簿がかかれたものをスクリーンで見ました。そして、校長先生が説明してくださいました。
 
☆【体育館で一番初めの卒業生の写真を見ました。面白かったです。 
☆【学校の誕生日でした。卒業した人の名前がノートに書かれていました。わたしも卒業したらあそこに名前が載るのが楽しみです。 
☆【学校ができたころの写真が何度もスクリーンに写されました。「いつとったのだろう」と、思いました。 
☆【学校の歴史がわかった。でも、休みのほうがうれしい。
☆【今から25年前に学校ができたらしいです。わたしも、25年前のきれいな学校に行ってみたいです。 
☆【いろいろ見て楽しかったです。
☆【学校の沿革誌を見て、いっぱい名前がありました。ぼくものるぞ。
☆【学校ができるまでのところを写真で見てすごいなあと思いました。
☆【昔と今はまったくちがっているのに驚きました。 
☆【学校の卒業生の中に、誰かのお父さんがいたというのは、驚きました。私もそのそつぎょうのノートに名前が書かれることにちょっとわくわくします。
☆【とても楽しかったです。映画もありました。
☆【学校の昔の写真を見て、今の学校といくつも違うところがありました。昔はこんなのだったのだなあと、思いました。
  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学校ナビ