アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年04月30日

教室宝物さがし

【やりかた】
教室の中にあるものひとつを決めて、それを「拍手の音」でオニが当てるゲームです。
オニが宝物に近づけば、大きな拍手にします。

1.オニは廊下に出ます。拍手の合図があれば入ってきます。
2.オニが動くなかで、宝物に近づくにつれて、はくゅを大きくします。
 遠ざかれば、小さい拍手にします。
3.オニは、拍手の音で、「宝物」を当てます。3回で当たらなければ、もういちど。

【備考】
・家でも子どもさんとできるように思います。  

Posted by プラス at 10:07Comments(0)・教室ゲーム

2007年04月29日

「生活調べ」集計中

子どもの生活を毎年4月の終わりにチェックしています。
「ゲーム・テレビ」の時間が大変多く、「学習」が圧迫されている様子が浮かび上がったりもします。

4月の終わりというのは、
・ひと月たって、子どものイメージをつかめた頃
・連休があるので、その間にまとめられる。
・家庭訪問にも、花井の中で、出すことができる。
このような理由からです。

この連休にクラスの様子をまとめようと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  生活調べ     
                  年   組   ばん 名前

①いつも何時ころおきますか。
ア 午前5時30分~6時   
イ 午前6時~ 6時30分 
ウ 午前6時30分~ 7時
エ 午前7時~ 午前7時30分
オ 午前7時30分~ 8時

②自分でおきますか
ア 自分でおきる   イ ときどきおこしてもらう   ウ おこしてもらう

③気持ちよくおきますか。
ア じゅうぶんねて、いつも気持ちよくおきている イ ときどきじゅうぶんねむっていない感じ
ウ いつももっとねむいかんじ

④朝ごはんをたべますか
ア いつも食べる   イ ほとんど食べる  ウ ときどき食べる エ たべない

⑤いつも何時ころにねますか
ア 午後9時まで  イ 9時~10時  ウ 10時~11時  エ 11時よりあと

⑥勉強はきまった時間にしていますか。
ア いつもきまった時間にする。 イ だいたいきまった時間にする ウ 時間がきまっていない

⑦勉強するのはいつですか。
ア 帰ってすぐ イ すこしあそんでから ウ 夕ごはんのあと 
エ ねるまえ  オ 朝、学校に行く前  カ きまっていない

⑧読書はすきですか。月に何冊くらい読みますか。
ア すき イ ふつう ウ きらい

◎月に何冊くらい読みますか。
ア 月に1冊くらい イ 2冊くらい ウ 3冊くらい エ 4冊くらい 
オ 5冊くらい   カ 6冊くらい キ 7冊くらい ク 8冊以上
⑨学校から帰って、外で遊ぶことは多いですか。また、どんなあそびをしていますか。
ア おおい  イ すくない

◎どんなあそびをしますか


⑩ほうかご何人くらいで遊びますか。
ア 1人で  イ 2人で  ウ 3人か4人  エ5人か6人  オそれ以上


⑪このごろテレビゲームをしますか。また、一日にどれくらいしますか。
ア よくする  イ ときどきする  ウ あまりしない  エ しない

◎一日にするのは
ア しない     イ 1時間まで   ウ 1時間~2時間  エ 2時間~3時間
オ 3時間~4時間 カ 4時間~5時間 キ 5時間いじょう
 
⑫ふだん学校から帰って、テレビを見る時間はどれくらいですか。
ア しない     イ 1時間まで   ウ 1時間~2時間  エ 2時間~3時間
オ 3時間~4時間 カ 4時間~5時間 キ 5時間いじょう

⑬おてつだいをしますか。また、おてつだいの仕方は、つぎのどれですか。
ア 毎日きまってしている  イ ときどきする  ウ たまにする  
エ ほとんどしない     オ しない

◎おてつだいのしかたは
ア 自分からすすんで  イ 自分からするときやいわれてするときも
ウ 言われて      エ 言われてもしない

⑭一週間のうち、ならいごとや、じゅくのある日は、いつですか。すべてに、○をしましょう
ア 月   イ 火   ウ 水    エ 木    オ 金    カ 土    キ 日

◎習い事は、いくつですか。
ア 0    イ 1つ   ウ 2つ   エ 3つ   オ 4つ   カ 5つ
キ 6つ   ク 7つ   ケ 8つ   コ それ以上

◎習っているものを、すべて書いてください。




⑮おうちのひとは、あなたをほめてくれますか。また、さいきんどんなことでほめてくれましたか。ア よくほめてくれる   イ ときどきほめてくれる   ウ あまりほめてくれない

◎さいきんどんなことでほめてくれましたか。




⑯おうちの人は、あなたをしかりますか。また、さいきんどんなことでしかられましたか。
ア よくしかる   イ ときどきしかる   ウ あまりしからない

◎ さいきんどんなことでしかられましたか。



⑰おうちの人に、学校やともだちの話をしますか。
ア よくする   イ ときどきする   ウ あまりしない

⑱おうちのひとに「おはよう」「いってきます」「おやすみ」などのあいさつをしますか。
ア いつもする   イ ときどきする   ウ あまりしない

⑲こまったことやなやみがあれば、だれにそうだんしますか。
ア おじいちゃん・おばあちゃん   イ おとうさん   ウ おかあさん
エ おにいちゃん・おねえちゃん・おとうと・いもうと   オ ともだち
カ 先生              キ その他の人   ク だれにもそうだんしない

⑳しょうらいのゆめをもっていますか。それはなんですか。
ア もっている   イ とくにない
◎今もっている、ゆめはなんですか。  

Posted by プラス at 15:15Comments(3)プリント・生活

2007年04月28日

「ウムウム・なるほど」聴くゲーム

この連休が明け学校に来たときにしてみようかな。

1.横の人と2人組。イスを向かい合わせにしましょう。
2.右の人が、話します。
  左の人は、

  「うんうん」
  「なるほど・なるほど」
  「へー」
  「それで・それで」
  話を聴きます。
3.交代します。
4.「ひと言カード」に感想を書きます。
5.何か「すごい」と、思ったことなど、全員に話したくなったら、紹介してもらいます。

【その他】
1.今日の話題は、「連休で楽しかったこと」です。
2.交代は、2分くらいが適当と今考えています。
※1人ずつ、前で話をすると、大変時間がかかります。
 でも楽しいことは、みんなに聴いてほしいです。「話す・聞く」練習を楽しくできたらと思います。


  

Posted by プラス at 07:57Comments(2)・教室ゲーム

2007年04月27日

五色百人一首

参観授業のあとに、五色百人一首を10分使いした。
昨日一度したので、2回目である。
今年は、1年間続けていくと、どうなるのか、一度続けてやってみようと思っている。  

Posted by プラス at 05:07Comments(3)百人一首

2007年04月26日

参観『鈴木 一郎の「夢」の手紙』授業

明日は、参観日である。
しかし、どの授業をしようか決めかねている。

■その一つの候補が
「夢」の授業である。

誰の作文なのかを読みながら当てる。その後、自分の夢を発表する。
具体的なほど、夢は実現することなど、話したい。

候補の一つである。

■2つめは、プラス思考の話である。
この方の資料もさがして用意した。

まだ、どうしようか・・・・なぜか決めかねている。
何か、・・・。

そういえば、アレも5年生の初めての参観。何かを用意していたが、5時間目の授業が始まって、教室に行くと、一人の男の子が泣いていた。その用意した授業をするのか、その泣いていることをどうしたのかを取り上げで授業するのか迷ったが、・・・
その泣いている子に詳しく聞き、それを取り上げて授業をした。授業そのものは、「悪人」をさがしたり、「裁判」をしたりという授業ではなかったが・・・。

 私は、今でもそれはそれで・・・と、思っている。

が・・・。

この時のことが、頭にあり、同じ5年生の初めての参観に・・・何か引きずっているのだろうか。
どうも、決まらない。

子ども達が活発に活躍し、楽しい活動であれば、それ以上のことを望んでいるわけではないのだが・・・

まっ、明日のことににしたいと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『 夢 』
 ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。活躍できるようになるためには練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才から7才までは半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、はげしい練習をやっています。
 だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。
 そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。ドラフト入団で、けいやく金は、1億円以上が目標です。
 僕がじしんのあるのが投手か打撃です。去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン投手と確信できるほどです。打撃では県大会4試合のうちに、ホームランを3本打ちました。
 そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。このように自分で納得のいく成績でした。そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。
 だから、この調子でこれからも頑張ります。
 そしてぼくが一流選手になって試合に出れるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。
 とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。
 愛知県西春日部郡豊山町立豊山小学校 6年2組 


鈴木 一郎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 02:30Comments(1)参観

2007年04月25日

『やさしさリーダー』誕生

たいへんです。
習字の時間が終わろうとしていたときです。習字道具を片づけているときに、A君がすみのはいった入れ物をひっくり返してしまいました。
すぐに教室全員がぞうきんを持ってきて、その場所をふきました。ある子は、職員室に行ってみがきずなをもらってきてくれました。少しよごれがおちてからは、全員では、ふきにくいので班ごとに順番にぞうきんで交代しながらふきました。ゆかにしみこんだスミはなかなかとりきれませんが、少しとることができました。
 そのあと、A君は、みんなに御礼を言いました。
 「Bさんごめんなさい。ゆるしてくれますか。」と、横に座っている子の手さげカバンも汚したのであやまりました。
 それから、「今日みんなにたすけてもらって一緒にみんなが、やさしさを出してふいてくれて嬉しかったです。・・・みんなが困っているときには、ぼくも助けます。」というような事をいいました。

 自分もやさしさをしっかり出して、みんなを助ける『やさしさリーダー』になる宣言をしました。
きっと、これを機会にして、A君はもちろんですが、まわりのみんなも、友だちに対してさらに自分の「やさしい心」発揮しながら学級生活を送れるように思います。

 まだ、ゆかには、黒いしみがのこっていますが、このことが、クラスの子ども達の「やさしさ度」アップのきっかけになってくれたらと、思っています。

 明日からの教室そうじでもこのしみを少しずつふきとるように、C君は、みがきずなを大事に持っておいてくれています。



   

Posted by プラス at 04:30Comments(4)・学級経営

2007年04月24日

「今週の詩」朗読と、裏メニュー

NO.15から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■今週の詩

①国語のノートに書きます。絵も書きます。
②10こ○をして、読んで覚えましょう。
③後ろの黒板にも書いていますので、朝の会・給食中・終わりの会で
 そら読みの挑戦をしてください。
 ・「大きい声で、すらすらと」で、合格です。
④今年も、「和歌山市の暗唱大会」があります。自分が一番好きになった詩や、物語文で、暗唱大会に挑戦できるといいなあと思っています。その一歩です。

        あいうえおのうた
              まど・みちお

      あかいえ あおいえ あいうえお
      かきのき かくから かきくけこ
      ささのは ささやく さしすせそ
      たたみを たたいて たちつてと
      ないもの なになの なにぬねの
      はるのひ はなふる はひふへほ
      まめのみ まめもめ まみむめも
      やみよの やまゆり やいゆえよ
      らんらん らくちん らりるれろ
      わいわい わまわし わいうえを
                 【教出1上より】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 裏メニュー
 声を大きくするのが、詩を読むもう一つの理由です。
①早く読んだらどれだけで読めるでしょう。
子どもは、「何秒か」を競います。
早さを競うときに、一生懸命になり、声も出るようになってくると、思っています。

②1行で交代して、どの班が早く読めるでしょう。
教師は、スタートを言うだけです。バトンタッチする次の人は、たって待っておきます。
たって読むと、どの班が早いのかが、他の班からもよく見えます。
他から見えるので、子ども達は、燃えるはずです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

Posted by プラス at 00:27Comments(0)詩・作文

2007年04月23日

大きく前面に、学級目標の掲示

まず、学級目標の周りに、自分の手を描いて貼りました。
一人一人が、絵の具で色を付けています。
この色合いが、一人一人、少しずつ違っているのがいいと思います。

みんな少しずつ違う考えを持つ友だちが集まっています。その集まった一人一人が、自分の両手を出して、助け合っているイメージで仕上げました。

1つの手には、名前と、自分の目当てを書きました。それを紙の上の方の周りに貼りました。
もう一方の手には、自分の得意なこと・好きなことを書きました。それを紙の下の方にずらりと貼りました。
たくさんの手で、学級目標が囲まれているような感じになりました。

それを猛一人の先生に助けていただいて、教室の全面・黒板の上の方に貼りました。
黒板と、同じ長さですから、ずいぶん大きいものができあがりました。

5年生の子ども達ですから、4時間目の学級の時間に書いて切るところまでできました。
午後の時間に、助けてもらって、掲示することができました。  

Posted by プラス at 22:07Comments(0)学級目標

2007年04月23日

長さ3㍍60㌢の学級目標作成

縦が90センチ・長さが3メートル60センチの学級目標を作ってきました。

和歌山市では、ここでしかないのでしょうか。
毎年、ここで、印刷してもらいます。
なかなか90㌢巾の文字で学級目標が掲げられていると、いいです。それもカラーで。
今年は、2組の先生にもどうですかと声をかけ、となりのクラスのと2つ印刷してきました。
カラー印刷でも1枚が千円ちょいくらいです。長さで決まりますから。
横の3㍍60というのは、長さは、黒板の長さと一緒にしました。

「助け合い、みんな笑顔でがんばろう」

が、明日から黒板の上に掲示されます。
昨年は、周りのスペースに自画像を描いて貼りました。
今年は、どうしようかなあ。それは、子ども達との相談です。  

Posted by プラス at 00:09Comments(2)学級目標

2007年04月22日

読売新聞社クイズ

6月に5年生の子ども達が、新聞社に見学に行くことになっています。
事前調査に行ってきました。
子ども達が、興味を持つように、クイズを作ろうと思っています。
今、少し作って、学級通信に書き入れました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■新聞社へ社会見学の事前調査に行きました。
 今、クイズを作成中です。
 さて、次のクイズの答えは、・・・わかるかなあ。

1.「新聞記者の七つ道具」に入っていないものは?、
 ①パソコン ②おはし ③ラジオ

2.新聞を印刷する紙の長さは?
①650メートル  ②3650メートル ③1万3650メートル

3.新聞づくりで、一番大事なものは「 」だそうです。(説明ビデオで答確認)

4.新聞づくりで、一番むずかしいのは「 」だそうです。(説明ビデオで答確認)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
見学の火が近くになってから、クイズを改めてだそうと思っています。
下のようなクイズを考えています。
また、これから、適当なクイズを作っていこうと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・読売新聞大阪本社は、地上6階です。それでは、地下何階でしょう。
 ①2階     ②4階    ③6階

・新聞を印刷する輪転機では、1時間に新聞を最高で何部印刷できるでしょうか。
 ① 1万部  ② 3万部  ③ 7万部

・読売新聞は、1日の発行部数は?
 ① 100万部以上 ②500万部以上 ③1000万部以上  

Posted by プラス at 02:22Comments(0)・取り組み

2007年04月21日

さん・君をつけて呼ぶ・・・「消火より防火」

火がいったん出ますと、大変です。
でないように手を打つことが大事だと思っています。
「いじめ」のこともです。

教育は、あえて「人権」なんてつけなくても、学校教育のすべてが、「人権教育」です。
実は、私の勤めている学校は、こんなことが実際有りました。
 すばらしいと思うのです・・・・

4月の一番最初の職員会議の事です。
校長先生からの、学校経営方針がでた際に、移動してこられた先生もいますので、
あえて、発言して、
「子どもの名前を教師が呼ぶ際に、さん・君を必ずつけて呼ぶ学校にしよう。
さらに、子どもが子どもを呼ぶ際も、さん・君をつけて呼べるように指導しよう。
人権を大切にした取り組みの第一歩だから。」
という、話し合い・確認をすることができました。

 さて、日本中で、一番はじめの職員会議で、人権の一番基本になるこのようなことが
話になり、確認できたところは、どれだけあるのでしょうか。
自分が勤めていて、年度の初めに、このような話し合い・確認が、できるのは、
すばらしいことだと思っています。もちろん話にでなくても、全体で共通理解できているというのが、
基本でしょうが。

実は、私が昨年持ったクラスも、教室では、必ず、さん・君・がつけられ呼ばれていました。
私が指導したのでなく、それ以前にそうしつけられていました。
けんかがあっても、「○○君が・・・」と、いいながらけんかしても、口汚いものにはなりません。
「世界一すばらしいクラス」の最初の一歩は、さん・君をつけて呼ぶことかなあと思っています。

 さて、先日今受け持っているクラスで、
「先生ら全員がこのような話し合いをして、私もみんなのことをさん・君をつけてよんでいます。みんなもそのように呼んでほしいのです。」と、クラスの中で提案しました。

「全員起立。いまからそう変身したいと思います。できる人は、座ってください。」
すると、
「なんか呼びにくいわ。なれてないもん」という男の子が2人今した。
そりゃそうです。今まで、呼び捨てにしているのですから、呼びにくいと思います。

そこで、練習をしました。
前に来てもらって、一度、端から名前に君やさんをつけて、呼んでもらいました。そして、
呼ばれた子にも、「はい」としっかり返事をしてもらいました。

全員を前に出た2人の男の子が交互に呼んでいき、最後に
「みんなもさん・君をつけて呼ぶクラスに使用としてるけど、いま練習して、できそうかなあ」と、
聞きました。「なんとか」という返事でした。
「嬉しい。何とか、そうしようと思っているんだね。よろしく。」
というような話し合いを持ちました。

そして、黒板に、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
友だちの笑顔を見ると、自分も笑顔になる。
まわりを幸せにすることは、自分を幸せにすること。
人を大切にすることは、自分を大切にすること。

自分がしてほしいと思うことを先に友だちにしよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、少し、説明しながら書きました。

ところで、子どもの日記文の中に、次のような文が有りました。

『・・・○君を待っていました。○君が来てから□の家に行きました。□が△君も来ると言ってました。3人でかくれてしばらくすると△君が来ました。・・・』

□という子だけが、呼び捨てで書かれています。普段から、○君△君とよび、□と呼んでいるのでしょう。作文の中でも、君が有る友だちと、ない友だちがいます。
1年後には、みんなに、君やさんがついた作文になっていったらいいなあと、思っています。  

Posted by プラス at 09:48Comments(5)人権

2007年04月19日

家庭訪問カード

朝、印刷していました。他の学年も採用したいと言うことで、
2年、3年、5年で、この家庭訪問カードを利用していただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家庭訪問カード (   )年 (   )組 (   )番 名前(               )
家庭訪問では、このカードを元にお話をお聞きしたいと思います。
 子どもさんの日頃の様子などを書き込んで、担任までお届け下さい。

│ │ 項  目 │ ○または、書き込みをおねがいします。 │
│ 1 │朝、何時に起きますか │ (   )時(    )分ごろ │
│ 2 │夜、何時に寝ますか │ (   )時(    )分ごろ │
│ 3 │睡眠時間はどれくらいですか │ 約(   )時間(    )分 │
│ 4 │朝、自分で起きられますか │A、自分で起きる B、起こされて起きる │
│ │ │C、半々ぐらい │
│ 5 │歯磨きをしていますか。 │A、朝と夜と磨く B、朝だけ磨く │
│ │ │C、夜だけ磨く  D、みがかない │
│ 6 │朝、顔を洗っていますか │A、水で洗う   B、お湯で洗う │
│ │ │C、タオルでふく D、洗わない │
│ 7 │うんこがでていますか │A、毎朝出る    B、一日に一回は出る │
│ │ │C、出ない日もある D、不規則 │
│ 8 │朝の生活の様子は? │A、自分でさっさとできる。B、ぐずぐずしている。 │
│ 9 │朝ご飯をたべていますか? │A、必ず食べる B、ときどき食べない │
│ │ │C、ほとんど食べない │
│10│あいさつはできますか。 │A、おはようございます。B、いただきます │
│ │(できる物に○をしてください) │C、ごちそうさま D、行ってきます │
│ │他にできるあいさつがあれば()に │E、ただいま F、おかえり、G、おやすみ │
│ │書いてください │H、( ) │
│11│1日にテレビは、どれくらい見ま │①月曜から金曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│ │すか。 │②土曜・日曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│12│1日に、ゲームは、どれくらいし │①月曜から金曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│ │ますか。 │②土曜・日曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│13│1日に、宿題や学習で、机に向か │①月曜から金曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│ │う時間はどれくいですか。 │②土曜・日曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│14│読書への興味は? │A、本を読むのがすき( ) │
│ │ │B、本を読むのが好きではない │
│15│学校からの手紙・便りはランドセ │A、自分から進んで出す B、聞くと出す
│ │ルからきちんと出していますか │C、半々くらい     D、ださない │
│16│学校での話をしますか │A、自分から進んでよくする │
│ │ │B、聞くと話す。 C、聞いても話さない │
│17│通学路で、心配なところや危険な │A、まったく安全 │
│ │ところはないですか │B、心配なところ・危険なところがある │
│18│帰宅後、外遊びをしますか │A、いつも外に遊びに行く │
│ │ │B、いつも家の中で遊んでいる。 │
│ │ │C、半々くらい │
│19│友だちの誘い方は、 │A、自分から誘いに行く │
│ │ │B、友だちから誘われないとも遊びに行かない │
│ │ │C、誘いに行かないし、誘われもしない │
│20│おこづかいの与え方は │A、毎日あたえる    B、一週間単位、 │
│ │ │C、一ヶ月単位     D、ほしいといったときに │
│ │ │E、その他(     ) │
│21│どんな習い事をしていますか │1週間に( )回 │
│ │(おけいこ・スポーツ・塾など) │月( ) 火( ) │
│ │例 ピアノ・そろばん・習字・サッカー│水( ) 木( ) │
│ │  野球・剣道 など │金( ) 土( ) │
│ │ │日( ) │
│22│わが子のいいところ │ │
│ │ほめてあげたいところ │ │
│ │      を書いてください │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│23│わが子の気になるところ │ │
│ │・がんばらせたいところ │ │
│ │・しつけたいところなど │ │
│ │      を書いてください │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│24│学校への希望、担任への希望・要 │ │
│ │望・おねがいなどがありましたら、 │ │
│ │どんなことでもかまいませんので │ │
│ │お書き下さい。 │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│25│その他 │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│ │ │ │・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 01:16Comments(5)プリント・生活

2007年04月18日

学級目標の決定

■学級目標
次のようにして決めました。
1.自分の目標にしたい言葉を短冊に書き、磁石で黒板にはる。
2.全員ので、ぴったりのものは重ねる。
3.大きく仲間わけする。
4.クラス全員が考えた言葉を大事にし、「学級の目標」をつくる。

 結果・・・

「助け合い、みんな笑顔でがんばろう」
という目標になりました。
・笑顔で過ごすためには・・・
 ・ひとりぼっちをつくらない。
 ・ルールを守る。
 ・大きい声で歌う。
なと、いろんな、みんなが考えた意味が入っています。
いい、クラスを作っていきましょう。   

Posted by プラス at 04:55Comments(7)学級目標

2007年04月17日

初委員会の用意

今年は、特別活動部の委員会の担当です。
明日、初めての委員会があります。そのための準備をしました。

1.担当者と、子どもの名前が入った一覧表を印刷
2.委員会の出席表
3.委員会のファイル(1.2をファイルに貼りました)配布
4.委員会の教室場所のお知らせ
5.学年末の「委員会の評価」確認

■初めての委員会ですから、
 ・メンバー紹介
 ・仕事の確認
が主ですが、
 ・「その気」になり、楽しみにして委員会に行く場づくりを
先生方に、明日の朝、お願いしようと思います。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学校ナビ

2007年04月16日

1学期の係決定

■1学期の係

《せわ係》・・すべてのお世話をし、いごこちのいいクラスにしよう。
・世話ノートを書く。・困っている人を亡くす。・えんぴつ調べなどする。
 
○学級の出来事を歴史にまとめよう。もりあがるクラスにしよう。
○困っている人をなし、笑顔のクラスをつくろう。
○席替え・ならぶときの点検・学級会の計画をしよう。

《保健係》・・・みんなが健康になるために
・カードを持って行く。つめ・食事など、健康調べをする。

〇欠席している人はいないかな。(欠席カードを保健室に)
〇つめきれいかな。朝ご飯は食べたかな。・・健康チェックをしよう。

《水ぞっかん・生き物係》・・・生き物のいるクラスにしよう。
○魚は元気かな

《図書係・新聞係》・・・本好きのクラスになるようにしよう。
・週に1回新聞発行・図書の整理・本の紹介・図書室の開け閉め。

○学級図書の本の整理。
○本の紹介などをして本好きにしよう。
○学級新聞を発行しよう

《体育係》・・・ 運動好きのクラスになるようにしよう
・カギを開ける。全員二重とびさかあがりできるようにする。
○全員なわとびとべるかな。
○楽しい運動をみんなでできるようによびかけよう。

《家庭・音楽係》・・・うた好きのクラスにしよう
・歌をかける。リコーダがうまくふけるようにする。家庭の先生と連絡する。

○朝の歌をよういできているかな。
○おわりの会でも、歌かリコーダーを用意しよう。
○全員がリコーダーを上手になるように練習しよう。

《きかく係》・・・会をしてクラスを楽しくしよう
・遊びを決め、みんなで楽しむ。・誕生日会・お楽しみ会で何をするか決める。
○今月のたん生日の用意はできたかな。
○クラス遊びうまくできているかな

《食事係》・・・楽しい食事時間にしよう。
・献立を言う。カーテンを閉める。ハートレストランと、パートワンを言う。
○献立をおしえてね。カーテンを閉めてね。給食当番のお世話もしてね。  

Posted by プラス at 00:31Comments(0)・学校ナビ

2007年04月15日

すてき発表

学級通信           4月14日  5号から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな子がふえたらいいクラスになります。

■プリントを配った時に、プリントが1枚足りない子がいました。それを見つけて、先生にもらいに来てあげていました。

 ○○君です。

 どういうところが、いい行動なのでしょう。 
 
・まわりの子で困っている子ないかな・・・・友達のことを気にかけてあげる。
・このプリントがないよ・・・・・・・・・・友達のお世話ができる。

の点ですばらしいと思います。
みんなが「周りの友達のことを気にかけられる」「友達のお世話ができる」子が
ふえればと思います。

■チョークが落ちてバラバラになっていました。それを見つけて、自分からサッと拾ってくれました。

 ○○さんです。

・「おかしい」と思った時、へんだなと思っているだけでなく、それを直す行動ができるというところです。
 教室では、毎日のように「おかしい」ということが起こります。今日のように机の下に何かが落ちていることも多くあることです。その時に、○○さんのように、『良いと思う行動』をしてほしいと思います。

★終わりの会でこのような「すてき発表」をしていきましょう。
こんな行動をすれば、クラスがよくなる。そのような、すばらしい行動を見つけて、ほめあいたいと思います。
すばらしい行動がたくさんみつかるクラスにしていきたいです。
ともだちのすてきを見つけることができるのは、その人が「すばらしいことをすばらしいと感じる心」を持っているからです。
 美しい心を持っている人が、美しいと感じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)人権

2007年04月14日

1年生との対面式

「お迎え集会」は、児童会が主催して、後日行われます。
この「対面式」は、学校行事として行われています。

■時間:1限
■場所:体育館
     司会:教頭
■プログラム
1.児童入場  1年生を迎える用意をします。
2.1年生入場 6年生が花のトンネル出迎えます。その他の学年は、中央を向き拍手で迎えます。
3.校歌
4.児童代表 お迎えの言葉
5.1年生   お礼の言葉
         1年生からの歌
6.校長先生の言葉
7.1年生退場

※昨年は、歌の前に「1年生の紹介」ということで、担任が名前を呼び、1年生の一人一人が、
  手を挙げて返事をするという場面がありました。今年は、「1年生になったら」の歌でした。

※蛇足:今年は、私が児童会担当です。
 昨年は、学校たんけんをかねて、グループで、校内に隠された宝をさがす、というゲームが
 行われたように記憶しています。
 今年は、ゲーム集会をと、思っていますが、「児童会」の役員並びに委員会との打ち合わせが、
 来週です。1年生の視点で考え、みんなで楽しい集会をつくることができればと思っています。
  
  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学校ナビ

2007年04月13日

10マス計算

算数の授業のさいしょは、10マス計算でした。

100マス計算は、したこと有るが、10マス計算は、ないなあと、おっしゃる方が多いのだろうと思います。1列の時間を計ります。10マスになります。
自分が、とせの九九の計算が弱いのかが、自分でわかります。

初めは、「0」のかけ算をしました。
一列0を書けばいいだけです。
3秒で書けます。
何回か繰り返しました。

「集中してやる」、ことのリハーサルです。
それから、1の段と2の段で、終わりました。
明日は、9の段までどの段が自分が不得意なのか、はかってみるよと、言いました。

学習に向かう態度という点で、全員を一つにできればと言う授業でした。
10マス計算は、その点で良かったと思いました。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・教室ゲーム

2007年04月12日

そうじが学級よさのバロメーター

そうじの様子を見ると、学級の様子がわかります。
しかし、どうしてそうなっていくのか・・・
学級集団がいいから、その結果として、そうじを見事にするようになるのでしょうねえ。
では、その学級集団をよくするスタートは、どこにあるのでしょう。

私は、やはり人間関係だと思います。
教師と子ども。そして、子どもと子ども。

まず、信頼関係を結ぶことができるかが、一番の出発点なのでしょうね。

そのためにも、目的達成の支援と、集団維持の支援を教師がきちんとできるかが、
教師の力量となるのだと思います。

 私は、NO1の学級通信に、自己紹介を書くときに、自分の携帯番号と、このパソコンメールを
書きます。なぜなら、親から、携帯番号を「家庭調査」で教えてもらうのに、こちらは教えない
というのはおかしいと思っているからです。
 
 10年以上前のことです。
 そのメールに担任して3.4日後に「先生ありがとう」のメールが入ったことがありました。
 内容は、「ずっと学校を休んでいたのに、・・・えらいとほめられて・・」・・・前年度の90㌫を
休んでいた子の母親からでした。子どもも学校にひさしぶりに来て、不安だったでしょうし、
母親も不安だったに違い有りません。
 このメールで、うすい皮ですが、一皮むけたような・・・。彼が学校に一歩近づいたような
気がしました。単にテクニックとしてするのではないですが・・・
「集団維持」の言葉の投げかけが、この時期ずいぶん大事なように思います。
また言い方を変えれば、プラス思考での言葉の投げかけも大事だと思います。

 ここにこうして書いているのも、自分自身の明日からの取り組みへの応援歌です。
なにせ、この最初のスタートは、子どもも価値観の違った場所にはいって、この場合は
どうなんだろう、教師はどのように対応するのだろうなどと、気を張って生活しています。
・・・気疲れすると思います。

 同じように、教師も・・・この1週間は、当たり前のことですが、気配りをし見守っています。
どういう行動や発言を見逃さず、ほめるのか。これが、教室の価値観になってきます。
 どういう行動・発言を注意するのか・・・学級のルール作りができてきます。

 私のクラスは、全校で一番早く体育をしたようですが、昨日の3時間目に体育をしました。
カラダを動かすことは、心を動かすことです。
開放された場で、教師と子ども、子どもと子どもの交流が促進されます。

注意する場も、いろいろあります。今日は、このような話をしました。
・・・・・・・
「車を運転しているときに、携帯をさわっていると、捕まるのです。違反です。なぜでしょう。」 
         ・・・運転に集中できないからと、5年の子ども達なので応えます。
「すばらしい。その通りです。
 いま、勉強中に、消しゴムとえんぴつで、・・・をして遊んでいました。」
         ・・・・・集中して勉強できないと言うことを子ども達が言います。
「だから、手遊びしていては、ダメなんですね。さすが、5年生」

などといいながら、手遊びしている子を意識しながら、勉強から離れますが、今日そのような
場面がありました。


⇒話は、そうじに戻りますが、
 指導は、具体的でなければダメだと思います。
 ①次のプリントを配り、説明しました。
 ②そうじする場所。そこをそうじする子どもを決めました。
 ③一緒にそうじする子と相談して、やり方がわかったら、そうじ場所を見に行き確認します。
  わからなければ、私のところにそうじすること一緒に来て、聞きます。

 このような作業を、昨日しています。そして、今日からのスタートです。
 そのプリントは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、そうじのやりかたをみんなでたしかめましょう。

■そうじのやり方

≪そうじのやくそく≫
1.時間をまもる。
 8時25分にそうじ場所に行きます。(もちろん、スタートしていいです)
 8時40分のチャイムで、朝の会をはじめます。
  だから3分前ですの放送で、片付け始めるといいですね。
 ※そうじ班長が責任をもって「オッケイ」の判断をしてくださいね。
2.力を合わせがんばる
 「がんばりがいっぱいある クラス」です
3.きれいにする。
 ゴミがあれば、ねうちがないですね。

※そうじはんちょうが、責任を持って声をかけてします。
 ⇒そうじ班長が、朝の会で、ほうこくする。(よいこと・わるいこと)
※ぞうきんは、1年間、自分の班のところにかかっているものを使います。
 ぞうきんが、きれいにかかっているかどうかは、「そうじはんちょう」さん がしっかりみてくださいね。
※各そうじ場所のバケツは、ぞうきんがけの下にうつぶせておきます。

◎教室(8人)
※帰りに4人の日直さんが、はいて、机をうしろによせてくれています
①教室の前はんぶんを6人でふく。そうじ班長は、はく。
⇒机、2れつぶんをふたりでふきます。
②6人で、机を前によせる。
⇒机、1れつをひとりずつよせます。
③教室の後ろはんぶんを6人でふく。そうじ班長は、はく。ゴミをとる。
⇒机、2れつぶんをふたりでふきます。
④机をならべる。
⑤ロッカーや、マドのみぞ、テレビ台など、まわりをふく。
⑥時間内に、全員でぞうきんをあらい、ていねいにかけておく。

◎かいだん(4人が、2階、3階、2人ずつに、わかれて)※バケツ2つ用意すること。
※バケツに水を半分入れ、2階、3階にそれぞれ持って行く。
①1人が、かいだんの上から順番にはく。
②1人がはいたあとを、スミからスミにふく。

◎ろうか(2人)
①2人ではく。ゴミをちりとりにとる。(30分のチャイムで、必ず、ふくにへんしん。)
③右側通行で、2人でふく。

◎トイレ(2人)
①長ぐつをはく。
②スリッパをよける。トイレットペーパーをはずす。⇒水かけないように。
③べんきを1人が1つ、こする。・・・月曜日は、サンポールつかう。
④水をかけてながす。
⑤ホース、こするぼう、ながぐつ、かたづけ。
⑥トイレットペーパーをつける。
※こすらないで、水をかけても、ぜったいきれいになりません。
※水は、べんきにかけます。とびらなどにかけると、くさってきます。

◎靴ばこ 1人が短いホーキと、ちりとり。1人が、バケツ。ぞうきんは2人とも持つ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうじの場所を確認し、分担を決めるプリントは、以下のものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■そうじ
1.体育館と、体育館前・まわり      ・・・・・・・・(   )班
2.なかよしルームと、なかよしルーム前ろうか・・・・・・・(   )班
3.なかよしルーム横トイレ、くつばこ   ・・・・・・・・(   )班
4.2、3かい中央かいだん         ・・・・・・・(   )班
5.教室                  ・・・・・・・(   )班  
6.教室  、ろうか          ・・・・・・・(   )班

<人数割り当て>
1.(   )班・・・体育館          (   )(   )
          体育館前・外・まわり   (   )(   )
2.(   )班・・・なかよしルーム+体育館前( )(   )
なかよしルーム前ろうか  (   )(   )
3.(   )班・・・1F東トイレ+流し    (   )(   )       
          くつばこ (   )(   )
4.(   )班・・・2かい中央かいだん    (   )(   ) 
           3かい中央かいだん    (   )(   ) 
5.(   )班・・・教室           (   )(   )(   )(   )
6.(   )班・・・教室    (   )(   )
          教室前ろうか       (   )(   )   

<しごと>
■体育館(   )(   )
①マットの整理 ②体育館外端から順にきちんと、Tでゴミを集める③玄関はき・ふき
■体育館前・外・まわり(   )(   )
①体育館前シートそうじ ②わたりろうかはき ③まわりゴミ拾い(※下靴で行く)
■なかよしルーム+体育館前( )(   )
※各日にする「教室」①はく②ふく「体育館周り」①マット②まわりゴミ
■なかよしルーム前ろうか(   )(   )
家庭科室前から給食室前まで、Tでふく
■なかよしルーム横トイレ、 (   )(   )
①紙とる②水かけ便器こする③ごみすて ※利用していないからきれいなはず 
■くつばこ(   )(   )
①はく②ふく③くつをきれいにならべる④靴箱の上も届くところ
■かいだん (   )(   )(   )(   )
①はく②ふく③ごみは教室に※2かい、3がいに、1つずつちりとりを持って行く 
■教室(   )(   )(   )(   )(   )(   )
①はく②ふく ※前の日の帰りに、日直がそうじをしているので、ゴミはありません。
■教室前ろうか(   )(   )①はく②ふく③整理整頓   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 00:09Comments(7)・学級経営

2007年04月11日

洗濯ばさみを取り付けて・・・

 洗濯ばさみを、ダイソーで買ってきて、つけました。ぞうきんをかけるところがあるのですが、
かわいたぞうきんがよく落ちているのです。今年は、5年6年のクラスのすべてにぞうきんが
きちんとかけられるように大きい洗濯ばさみを取り付けました。そして、台ふきもきれいにかけ
られるように、つりさげる洗濯ばさみを取り付けました。
 それぞれの担任の先生に了解をいただいて、私がすべての学級に放課後取り付けました。
これからは、それを維持管理していくだけです。廊下を通っていて、ぞうきんが汚くかかって
いたり、落ちていたりするのを見なくてすむようになるはずです。

 今日から新しいそうじ場所でのスタートでした。
 5年生は、ずいぶんたくさんの場所があります。トイレを2人でするということになっています。
まず基本は、教室ですので、今日は、教室の掃除指導をしました。プリントで、事前に
リハーサルしていますが、実際にすると、なかなかむずかしいです。

そうじぶりが、その学級のよさのバロメーターです。ここをしどう仕切れないと、教室の空気が
おかしくなってきます。

そうじの事前指導は、・・・次の記事で⇒  

Posted by プラス at 22:33Comments(1)教育環境