アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年05月20日

新漢学習・・・新しい漢字の学習メモ

【20年前の・・・自分の「新しい漢字」学習メモ】
1.黒板に書く
  ア・何も言わず
  イ・「用意」で、私は、黒板に上書き。子どもは、一緒に手を挙げ、画数を読みながら空書き。
2.空書き
  ア.私が左手で子どもの方を見ながら。(子どもは、2回目の空書きとなる)。
  イ.子どもだけ空書き
3.子どもがノートに
  ア.4マス使い
  イ.書き順・言葉・文・練習
4.その漢字にまつわる話
5.その漢字のことで、子どもの言いたいこと
6.その漢字の部首の入った漢字仲間を言う
   ・・・・子どもが、3の漢字ノートに書いている間に、4.5.6を進める。
   ・・・・1つの漢字は、5分から10分以内。あとは、時間の余ったときにそのノートを仕上げる。

「いいたいこと」(6の場面)では、実にいろんなことを言う。外・・・という漢字の時には、「それは、カタカナのタとトです」といったり「~に似た字だ」など、気がつくことを口々に言う。そう言いながら、その字を自分の者にする姿がある。

 「漢字調べ」という様な時間をとると・・・習っていない漢字を辞書で引いたり、お母さんと相談して、教えてもらってくる者もいる。
 学校で、漢字辞典を出してあげると、「鳥は、何画かなあ。」まだ、引き方がわからないが、2.3人ずつ固まってさがす様子がある。見つけた子には「漢字博士」になれるかもしれやんなあ」などと、さりげなくつぶやいておく。
 「5画の漢字」を集めよう・・・などと言うと、辞書をさがして書き出す。

 子どもは、好奇心を持っており、これが知的欲求となっている。
 
  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学習

2007年12月12日

音読 いろいろ

いろいろな読み方で、何度も読みます。
以前は、個人読みが多かったのですが、それよりも、ペア交代読みの方が、
「実際に読む読む学習の時間」の保障ができますから、このごろは、
そちらの方が、私は多いです。
その子が自分で読む範囲を決められる「バトンタッチ読み」なども、楽しいです。
例えば、道徳の本など、あるいは、社会の本を読むときに、使います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・一斉読み
   クラス全員で、声をそろえて読みます。

・早読み一斉読み
   全員で、ある部分だけを読み、読みおえた人から、座ります。

・男女交互読み
   男全員、女全員で、一文ずつ交代して読みます。
   文番号で交代する場合もあります。
   詩などは、連で交代することもあります。

・バトンタッチ読み
   読む人と次の人が立っておきます。
   今読んでいる人が、交代しようと思えば、読んでいる途中で座ります。
   座れば、次の人が読み始めます。
   そしてまた、次の人が、立って読む用意をします。

・班読み
   班で、そろえて読みます。

・班早読み
   班全員で、早く読みます。

→班交互早読み競争
   班の人が、1文ずつ交代で読み、早く読みます。

・ペア読み
   2人で読みます

・ペアシーソー読み
   2人で、読む人が立って読みます。

・ペア早読み→ペア高速読み
  2人で、句読点をそろえながら、早く読みます。
  高速になると、大急ぎです。

・ペア交互読み→ペア交互早読み→ペア交互高速読み
  2人組で、一文ずつ交互に読みます。
  普通・早く・最高に早く、の読み方があります。

・個人読み
  一人で読みます。

・連れ読み
  1人が読んで、その後にその他の人が読みます
  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・学習