アクセスカウンタ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ
ほうれんそう(報告・連絡・相談)窓口
読者登録よろしく
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年05月30日

よいうわさ話

3人組
2人が・・・あとの一人のうわさ話をします。
3分交替です。

・事実であること
・よいこと
を、いいます。

2人が横に近づき、うわさされる1人がそれに向き合い座ります。

あとで、どんな気持ちだったのか、振り返りをします。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・その他ゲーム

2008年05月29日

ハーレム

1人の王様と、3人の使える者という設定で

3分間交代。
1人の王様を3人がほぐす。
王様の要求を入れて・・・

【備考】
カウンセリングワークショップ等で・・・
3時間+2時間研修の、後半のはじめにこのほぐしを入れてみた。  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・その他ゲーム

2007年07月07日

「自分ギネス」

【目的】
・自分ののびを確かめることは、明日へのエネルギー

【やり方】
1.学校でできるもの、家でできるものを自分で選ぶ。
 ①回数をふやすこと  ②時間を短くすること ③毎日続けること
2.1日1回、それをして記録をつける。
2.1週間記録をつける。
 ・・・それ以降は、自分で続けられる人は、続けよう。

【備考】
・夏休みもすぐなので、何か、「自分の成長」「夏休みの続けてやろうとする意欲」を
 呼び起こせないかと・・・
・初めてなので、全員で同じものに・・・、折り紙に挑戦。

 あ.飛行機
 い.かぶと
 う.ツル
 え.その他
 ①自分で折るものを決める。②終わりの会で、時間を計り折る。③記録する。④毎日続ける。
・他にも続けられることを、続けるように・・・誘い水
 ①回数をふやすこと・・・リフティング、なわとび、  
 ②時間を短くすること ・・・折り紙
 ③毎日続けること  ・・・読書、ノートづくり  

Posted by プラス at 15:32Comments(0)・その他ゲーム

2007年06月20日

「国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト」

これはまたすばらしいですね。
パソコンっていいですねえ。
すごい世の中です

子ども達とみたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2Uプロジェクト)では、天体や天体現象を空間3次元と時間1次元の4次元で可視化するために、4次元可視化実験システム「4次元デジタル宇宙シアター」を開発しています。
天文学の対象である宇宙の空間と時間のスケールは莫大です。さまざまな空間スケールでそれぞれの構造があり、空間に対応した時間スケールで変化しています。当プロジェクトはそのような宇宙の構造の進化を最先端のコンピュータで描き出し、また最近の観測データを用いて、宇宙を文字通り「目のあたり」にすることを目指しています。
http://4d2u.nao.ac.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by プラス at 00:09Comments(0)・その他ゲーム

2006年12月31日

正月遊びは、100円ショップで

「カラフル凧」100円
「ゴム動力飛行機」100円
「竹とんぼセット」100円
「トランプ」100円

・・・100円ショップで、正月遊びをさがすのは、どうでしょう。  

Posted by プラス at 12:00Comments(2)・その他ゲーム

2006年10月22日

いこらオフ会、ジャンケン一番

いこらオフ会で、プレゼントをゲットするときに行われたようです。
ここで紹介しておきます。

「ジャンケン一番」変形です。
ジャンケンで、アイコが勝ちとします。

「ジャンケン、グー」と、その人が出したとすると、同じ「グー」を出している人だけが、勝ち残れます。

オフ会では、店主からのプレゼントを巡って、このジャンケン一番で、勝ち残った人に、
商品が手渡されました(ようです。)。  

Posted by プラス at 00:35Comments(2)・その他ゲーム

2006年10月08日

しないなあ、こんなゲーム

ゲームの紹介として、あるところに書いていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぐるぐるミイラになっちゃえ!
(あそび方)
1.1人の子がミイラ役なります。
2.よーいどんで、トイレットペーパーをぐるぐるぐるぐ巻いていきます。
3.早く巻き終わったチームが優勝です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このゲームはねどんな目的を持たせているのでしょう。
「楽しい時間をつくる」ためだけにしているのではないでしょうか。

「楽しければ、何をしてもいい」
そう考えるならば、できるでしょうね。
昔は、テレビで「パイ投げ」がよくあったのに、このごろは、見かけなくなりました。
「もったいない」
という、言葉もはやったのではないでしょうか。

「楽しい」がレクでは、レクの力を過小評価しすぎです。
レクリエーションの中に、もっと意味を持たせて、利用していきたいと思うのです。
「目的」を考えて、ゲームなどをしたいと思うのです。  

Posted by プラス at 22:04Comments(0)・その他ゲーム

2006年10月05日

合宿のお化け役

残念ながら、雨模様。
しかし、子ども達は、楽しそうに、館内肝試しをしたようです。

私も、おばけになり楽しみました。空き缶の中に小石を入れたような物を、子どもが近づいてきたら、足下に・・・、
こんなことでも、子ども達は、「きゃー」と、喜んでくれました。
こちらも、子どもが近づくのを息を凝らして・・・

私の方も楽しんできました。  

Posted by プラス at 23:14Comments(0)・その他ゲーム

2006年10月03日

鏡遊び(理科 あたたかさと太陽の光)

・「鏡ではねかえした日光でも、あたたかくなのだろうか」
■.ものに日光を当てると、ものの明るさやあたたかさが変わる。

このことを導入ゲームでできないだろうか。
または、発展としてのあそびと考えてもいい。

1.かべに5人立つ。
2.うしろから、一人の背中に鏡で日光を反射させ当てる。
3.「だあ・・れだ」で、当たっている人が「わたし」と、答えられれば、オッケイ。

・・・背中で、温度の違いを感じるものなのだろうか。
 やってみたいと思います。
  
  学級の人数分の鏡を用意したので、鏡を利用して、実験をしたいと思っているが・・・  

Posted by プラス at 01:09Comments(0)・その他ゲーム

2006年09月21日

算数授業の一コマ

■算数授業の様子から。 (9月13日 1限)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
│P78②「ドルフィンまほう学校 間の数」
問題 │
│木が7本、1れつにならんでいます。木は2mずつはなれて立っています │
│りょうはしの木の間は何mですか。 │
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

T:先生と一緒にノートに絵を描きます。木は何本ですか。C:7本
・ここは、何㍍ですか。(1本目と2本目の間をさしながら) C:2m
・ここは、何㍍ですか。(2本目と3本目の間をさしながら) C:2m
・ここは、何㍍ですか。(3本目と4本目の間をさしながら) C:2m
・ここは、何㍍ですか。(4本目と5本目の間をさしながら) C:2m
 ・ここは、何㍍ですか。(5本目と6本目の間をさしながら) C:2m
・ここは、何㍍ですか。(6本目と7本目の間をさしながら) C:2m

T:じゃ、答えは、何㍍ですか。
  C:12㍍、
  C:14㍍
T:14㍍だという人、⇒8人。 12㍍だという人⇒16人。(手を挙げる)

T:何か、言いたい人、
C1:(黒板の前に来て)2㍍のあいだで、木が7本だから、
   2×7で14㍍で簡単にできます。
C2:(黒板の前に来て)あいだが6だから、2×6で12㍍です。
C3:間のながさと書いています。
・・・・
T:考えが、変わった人は、変わったことを言っていいよ。
C4:(黒板の前に来て)分かりました。木は7本だけど、間は、6つで、2×6です。
・・・・
T:分かったことを、ハートマークで、ノートに書きましょう。
C5(ノート読む):木は7本でも、間が6。だから、2㍍×6だと分かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子ども達は、最後まで一生懸命です。

14㍍と12㍍で、話し合いが続いたように、子どもたちで、話が続くような場面が、時々成立します。
子どもが、いっしょうけんめい授業を進めていこうとする場面を作り、支援することを大事にしていきたいと思っています。

楽しいということでは、レクとおなじです。
子ども達は、まじめにみんなでの学習を楽しんでいるように思います。  

Posted by プラス at 01:01Comments(0)・その他ゲーム

2006年08月08日

ペットボトルペア

はかりのはかり方のスタートに利用します。

ペットボトルに水を入れておきます。ペアで、5組用意します。
どれとどれが同じ重さかをあてっこします。
班のなかの活動です。
本当かどうかを、はかりで調べます。
自分が予想しているのですから、しっかりと調べます。  

Posted by プラス at 20:17Comments(0)・その他ゲーム